卵から幼虫へ

広場で観察したイチモンジセセリとモンキチョウの産卵と卵、その後幼虫が生まれるはずだと観察を続けた。

モンキチョウはこの広場ではシロツメクサの葉に卵を産んでいた。
私が産卵を観察できたのはたった1日。その日は数頭の蝶が産卵していたが、その後はまったく見られない。
時間帯や天気の関係もあるのだろうが、一斉に産卵して姿を消した感がある。

さて、産んだ卵のある位置に印をつけたわけでもないので、幼虫を見つけるのはなかなか難しい。
なにしろ広場一面にシロツメクサの葉が広がっているのだ。
運任せであちこちチェックするしかない。
ざっと見て、食痕がある葉を探しチェックするが、どういうところにいるのかわからず、なかなか見つけられなかった。
広場に腰を落として地面をチェックしている変なばあさんに不審げな視線を投げかける通行人を無視しつつ、何日か時間のあるときにチェックし続け、ついに見つけた!

↓モンキチョウの弱令幼虫。2009年9月26日。三角広場
d0146854_16162146.jpg
d0146854_16164531.jpg

写真は同じ個体である。
私が産卵を見たのは9月16日。その卵が孵ったものなら、産卵から10日目ということになるが、それは定かではない。それ以前か以降のものの可能性もある。

この広場は子どもが自転車を乗り回し、犬の散歩の人が通り、お弁当のシートが敷かれる場所なので、産卵した卵のうちどれだけが無事に成長できるか、その確率はかなり低そうである。
たぶん、自然の状態で蛹まで追うのは難しいだろうが、一応挑戦してみたい。

次はイチモンジセセリ。この広場と線路際にオヒシバ・メヒシバ・ネコジャラシなどのイネ科の雑草がたくさん生えている。道の縁にはアベリアの花も咲いていて、イチモンジセセリがたくさん吸蜜に訪れている。広場で産卵しているのも確認した。

イチモンジセセリの幼虫は単子葉の葉を糸で筒状に綴り、その中に隠れているはずだ。それで、これも行き当たりばったりに綴られている葉を探し続けた。なかなか見つからなかったが、それでも何日か後にやっと見つけられた!

↓イチモンジセセリの幼虫が隠れていた葉。2009年9月29日。三角公園付近
d0146854_1627081.jpg

この葉をそっと押し広げてみる。
↓イチモンジセセリの弱令幼虫。
d0146854_16275866.jpg


いるはずだと思って探し、それが見つかったときの喜びは最高だ。
飼育観察すれば簡単なことなのだろうが、これからもできる限り自然の状態のステージを観察していきたい。

さて、おまけにナガサキアゲハの幼虫を。
自然観察園で終令の姿を確認したので、自然の中で見つけたいと思い、観察園近くの公園へ。
そこのかんきつ類をチェックしたら、なんとすぐに見つかった。

↓ナガサキアゲハの終令幼虫。2009年9月28日。練馬区の公園。
d0146854_1638312.jpg
d0146854_16384367.jpg

上は別個体。これ以外に、弱令・中令の幼虫もたくさんいた。

また、別のかんきつ類に産卵している成虫も前にここで見ている。
↓産卵するナガサキアゲハ。2009年9月17日
d0146854_16405958.jpg


ナガサキアゲハは確実の東京の環境に適応して大繁殖している感がある。
[PR]

by 2008oharu | 2009-09-30 16:43 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31