見れば撮りたくなる蛾

珍しくもない蛾だが、見れば挑戦したくなる蛾

↓オオスカシバ。2009年10月1日。三角広場
d0146854_752114.jpg

今の時期アベリアの花にたくさん来ている。
今年も翅が静止している画像はなかなか撮れない。
どこかで留まっているはずだが、それも見つけられない。

↓ホシホウジャク。2009年9月28日。三鷹市の児童公園。
d0146854_7544947.jpg

ホシホウジャクもアベリアに来ているのだが、一つの花に留まっている時間があまりに短く、
私の反射神経ではついていけない。
オオスカシバよりさらに手ごわいのだ。
このメドウセージでは留まる時間が少し長いので、かろうじて撮れる。
花の大きさ、あるいは奥深さによって留まる時間に違いがあるのだろう。
また、ホシホウジャクの口吻のほうがオオスカシバより長いらしい。
そういることも影響しているのかもしれない。

一瞬どこかに姿を消したりするので、どこかで休憩しているのではないかと探すのだが、
なかなか見つけられないものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2009-10-07 08:02 | | Comments(2)
Commented by f-guy-soul at 2009-10-09 10:59
こんにちわ。
写真が素晴らしいせいか、
蛾もこうしてじっくり見ると
なかなか美しいですね。
これからは、蛾に対する見方が変わりそうです(笑)
Commented by おはる at 2009-10-10 22:08 x
f-guy-soulさん、今晩は。
蛾は種類が多く、美しく見えるものと、そうでもないものの落差が大きいです。
でも、世の中蛾マニアの人もけっこう多いですよ。

f-guy-soulさんのブログにお邪魔しました。
面白いですね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31