マリーゴールドの花壇で part2

前回の続き。立野公園の花壇には、この時期マリーゴールドとサルビア(赤・ブルー)が植えられていて、天気がよければたくさんの蝶が蜜を吸いに来ている。
今回は、ごく普通種のチョウたち。

↓モンシロチョウ。2008年11月4日。
d0146854_2271059.jpg

モンシロチョウはもちろんマリーゴールドにもよく来るが、
どちらかと言えば、ブルーサルビアのほうを好んでいるように見える。

↓ブルーサルビアで吸蜜しようとするモンシロチョウ。2009年10月22日。
d0146854_2273193.jpg

モンシロチョウはこの時期秋の個体数のピーク。
この花壇のそばには生産緑地があり、そこにキャベツも植えられていて、モンシロチョウが非常に多く見られる。
交尾を迫るオス、交尾拒否の姿勢をとるメスなどもいる。
中には下の写真のように、翅がぼろぼろのものも。
d0146854_227457.jpg


↓キチョウ 2008年9月28日
d0146854_22123871.jpg

キチョウもマリーゴールドにも来るが、ブルーサルビアに来るものの方が多い。

↓ブルーサルビアで吸蜜するキチョウ。2009年10月22日。
d0146854_22124883.jpg

やはり翅がぼろぼろになっているものもいる。
d0146854_22125686.jpg


↓モンキチョウ。2009年10月14日。
d0146854_22164019.jpg

マリーゴールドの色にまぎれてまるで姿をかくしているみたいだ。
別の公園では、かろうじて表の翅を見せてくれた。

↓丸池公園のモンキチョウ。2009年10月20日。
d0146854_22185637.jpg

マリーゴールドに来ているモンキチョウはほとんどオス。
メスは近くのシロツメクサで産卵しているのを1頭見たきり。

↓ツマグロヒョウモンのオス。2009年10月14日。
d0146854_22203921.jpg

メスも見かけることがあるが、吸蜜に来ているのは、オスが圧倒的に多かった。

↓イチモンジセセリ。2009年10月14日。
d0146854_2222077.jpg

イチモンジセセリはピークを越えた感じ。

↓チャバネセセリ。2009年10月14日。
d0146854_2222532.jpg

この1頭のみ。

2009年10月22日には、まだウラナミシジミもたくさん吸蜜していた。
[PR]

by 2008oharu | 2009-10-23 22:25 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31