12月の蝶たち

12月に見られる蝶といえば、だいたい成虫越冬蝶たちだ。

まずは、ムラサキシジミ 2009年12月8日。
d0146854_21561089.jpg

陽だまりに飛んできて翅を広げ、エネルギー補給中。

また、最近は、ムラサキツバメも見られるようになった。
2009年12月12日のムラサキツバメ。善福寺
d0146854_2158315.jpg

翅が千切れているが、オスのようだ。
こうして見ると、はやり枯葉の色そっくり。

びっくりしたことに、12月10日にスジグロシロチョウを見た。井の頭。
d0146854_2159442.jpg

比較的暖かい日が続いているとはいえ、12月中旬にスジグロシロチョウを見たのは始めてだったように思う。スジグロシロチョウは蛹越冬で、成虫が見られるのは10月末ぐらいまでだったように記憶している。

ただし、同じ蛹越冬でも、モンシロチョウはもう少し遅くまで見られることが多い。
12月12日の今日も、キャベツ畑で飛んでいるのを見た。

↓アサギマダラの幼虫。2009年12月8日。高尾
d0146854_22422.jpg
d0146854_2241817.jpg

11月26日にアサギマダラの成虫が飛んでいるのを見たので、キジョランをチャックしてみた。
なかなか見つからなかったが、1か所に何頭か見つかった。
1頭のメスが一株のキジョランのあちこちに産みつけたのだろうか。

昨年は1月下旬に同じぐらいの大きさの幼虫を見つけた。
幼虫は同じ大きさで成長を止め、越冬するのだろうか。

ところで、同じキジョランで、毛虫を2頭見つける。
d0146854_2285838.jpg
d0146854_22957.jpg

家に帰って名前を調べてみると、カクモンヒトリに似ている。
カクモンヒトリは広食性とあるが、キジョランでも食べるのだろうか。
そして、やはり幼虫越冬なのだろうか。よくわからない。
[PR]

by 2008oharu | 2009-12-12 22:11 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31