ダイミョウセセリの産卵

旅行から帰ってきてから1週間もたったのに、更新していない。
旅行ボケもあるが、東京の暑さは尋常ではなく、なかなかフィールドに出る気がしなかったのだ。
それでも、ここ何日か、少しずつ近場を回っている。

期待していてもなかなか見られないが、忘れた頃に偶然に見られることがけっこうある。
ダイミョウセセリは、ごく普通の蝶なのだが、その産卵シーンにはなかなかお目にかかれなかった。

ダイミョウセセリの卵は、親の毛で覆われていると何かで読んで、是非見たいと思っていたのだ。
まったく別のものを見ようとしていたとき、目の前のオニドコロにダイミョウセセリが飛んできた。
もしや、産卵かとあわててカメラを起動させる。
一度目は間に合わなかったが、二度目は長く止まっていたので、なんとか写真に撮れた。

↓産卵するダイミョウセセリ。2010年8月27日。玉川上水縁。
d0146854_229131.jpg

ダイミョウセセリは、セセリチョウの中では、翅を開いて止まる珍しいタイプ。
産卵するときも、開いている。
どうやって毛を卵につけるのか見たくて、横に回ったのだが、逃げられてしまった。

↓産み付けられた卵。
d0146854_22104149.jpg
d0146854_22105050.jpg

やはり毛がついている。
一度目に止まったところにも卵が産み付けられていた。

今日はまた別のところで産卵しているのを見た。
また、近くの卵は既に孵化して、もう葉を綴っている。

↓卵の脱殻と、綴られた葉。2010年8月29日。玉川上水縁。
d0146854_22173953.jpg

なかを覗きたかったが、がまんした。
生まれてすぐに葉を綴って隠れるようだ。
[PR]

by 2008oharu | 2010-08-29 22:18 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31