5月の蝶たち②

近所で見られたごく普通の蝶たち 続き

●ツバメシジミ
↓交尾中のツバメシジミ。2011年5月26日。井の頭公園
d0146854_11295054.jpg

オスの翅はけっこう傷んでいる。

●サトキマダラヒカゲ
↓2011年5月17日。善福寺公園
d0146854_11322575.jpg

ワタムシだらけの葉の中に飛び込んで、ずっと口吻を伸ばしていた。
ワタムシ(アブラムシの仲間)の出す汁を吸っているのだろうか。
サトキマダラヒカゲは、樹液以外に腐った果実や獣糞などにもよく来る。
花に来るのはみたことがない。
ジャノメチョウ亜科では、今季最初に出現したようだ。

●ヒメジャノメ
↓今季初見のヒメジャノメ。2011年5月26日。善福寺公園
d0146854_1137454.jpg

2頭いて、例によってくるくる回りながら盛んに縄張り争いをしていた。

●ヒメウラナミジャノメ
↓今季初見のヒメウラナミジャノメ。2011年5月19日。埼玉県
d0146854_11392044.jpg

こちらはプチ遠征先で撮ったもの。
ヒメウラナミジャノメは、ごく普通種で、この日も多数飛び回っていた。
しかし、なぜか井の頭や善福寺では見られない。
野川公園や神代植物園などではよく見る。

wikipediaには
「幼虫は、イネ科のススキ、チヂミザサなどを食草とする。越冬態は幼虫。
成虫は日本全国に分布、春から秋の中ごろまで見られる。ほとんどどこでも見られるが、都心部にはいない。また、あまり暗すぎる林も好まないようである。」
と書かれている。
井の頭にも善福寺にも食草はたくさんあるので、都心部で暗い林だからというのが見られない理由なのだろうか。

●モンシロチョウ
↓西洋タンポポで吸蜜中。2011年5月26日。井の頭公園。
d0146854_1144499.jpg

このモンシロチョウは2化目かもしれない。

その他、アゲハ・クロアゲハ・アオスジアゲハ・コミスジ・キチョウなど多数見ているが、特に写真は撮っていない。
ヒカゲチョウはまだ幼虫だった。
[PR]

by 2008oharu | 2011-05-28 11:48 | | Comments(2)
Commented by みき♂ at 2011-06-03 03:06 x
こんにちは。ヒメウラナミジャノメは確かに野川公園ではたくさん見られますが、井の頭公園や善福寺公園ではまだ見たことがありませんね。
ベニシジミも野川公園や小金井公園にはたくさんいるのに、井の頭公園や善福寺公園にはあまりいませんね。
Commented by おはる at 2011-06-03 22:07 x
みき♂さん、そうなんですよ。
ベニシジミは三角公園や梅林の下草あたりで見ることもあるのですが、野川ほど多くはありません。
やはり環境の違いでしょうか。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31