その後の冬尺

11月下旬にクロスジフユエダシャクの出現を見てから、いよいよ冬尺の季節が始まった。
思えば、今年の初め、玉川上水の擬木柵に冬尺が多く見られることを知って以来、今年はかなり蛾類にこだわって観察してきた。

冬尺に関しては、井の頭公園とその周辺で今までのところ10種類を確認している。
クロスジフユエダシャク・シロフフユエダシャク・ヒロバフユエダシャク・チャバネフユエダシャク・クロオビフユナミシャク・ウスバフユシャク・クロテンフユシャク・シロオビフユシャク・クロバネフユシャク・ウスモンフユシャクだ。

今季のトピックスは、チャバネフユエダシャク。
この冬尺は今年の初旬に見られなかったのだが、4月に幼虫を確認したので、成虫もきっと見られるだろうと期待していたもの。
観察仲間とともに探して、ついに成虫を確認することができた。

↓チャバネフユエダシャクのオス。2011年12月21日。井の頭公園。
d0146854_1018717.jpg

↓チャバネフユエダシャクのメス。2011年12月23日。井の頭公園。
d0146854_10193274.jpg

いるはずだと推測していたものが、確かめられたことがとてもうれしい。

そのほか、クロオビフユナミシャクも初見だった。
↓クロオビフユナミシャクのオス。2011年12月5日。井の頭公園。
d0146854_10215738.jpg

この冬ナミシャクは、その後毎日のように見られたのだが、まだ私はメスを発見できない。
これだけオスがいるのだから、メスもいてあたりまえなのだが、見つけ方が悪いのだろう。
そう思っていた矢先、お仲間がついにメスも見つけた。

↓クロオビフユナミシャクのメス。2011年12月24日。井の頭公園。
d0146854_17295378.jpg



さて、一番多く見られたのは言うまでもなくクロスジフユエダシャク。
↓クロスジフユエダシャクの交尾。2011年12月4日。井の頭公園。
d0146854_17313592.jpg

交尾場面が見られたのはこの時1回きりだったが、その後も単独のメスやオスは12月18日ごろまで確認でした。

その中で、こんな場面も見られた。
↓卵を抱えたまま息絶えたメス。2011年12月10日。井の頭公園。
d0146854_17345078.jpg

メスの体に糸のようなものがからまっているので、蜘蛛にからめ捕られたのかもしれない。
卵はきれいな緑色をしていたが、次第に干からびてしまった。
冬尺のメスは、卵の上に自分の毛をかぶせるが、それはカモフラージュというより、乾燥を防ぐためだったのかもしれない。

ところで、同じフィールドのお仲間がクロスジフユエダシャクのオスの写真を撮られた。

あちこち歩くついでに -ウェブリブログ

この写真を見ると、クロスジフユエダシャクのオスは、口吻を伸ばしている。
いろいろな資料を読むと、「冬尺は口吻が退化し、餌をとらない。」と書かれているが、
その「退化」というのは、無くなっているという意味なのか、存在するけれど機能しないという意味なのか、
それとも、種類によっては退化していないものもあるのか。俄然疑問が湧いてきた。

私も口吻の状態ががわかるような写真を撮りたいと思ったが、なかなか止まらないし、うまい具合に口吻の部分が写せるようなチャンスもなかった。

↓クロスジフユエダシャクのオスの顔の拡大写真。2011年12月18日。井の頭公園。
d0146854_17491218.jpg

↓クロスジフユエダシャクのメスの口吻の様子。2011年12月10日。井の頭公園。
d0146854_1750587.jpg


結局、クロスジフユエダシャクについては、口吻は存在し、オスの口吻は伸ばすこともあるということぐらいしか確かめられなかった。
[PR]

by 2008oharu | 2011-12-24 17:53 | | Comments(6)
Commented by 天道虫 at 2011-12-27 10:58 x
もう出ているのですか。先週より風邪で寝込んでしまい。1週間寝たきり老人やっています。今週回復したらぜひ行ってみます。
夜行性と云うことですが、やはり夕方からでしょうか?
Commented by みき♂ at 2011-12-28 02:55 x
こんにちは。チャバネフユエダシャク、去年の今頃野川公園でたくさん見ましたが、井の頭公園ではまだ見ていませんね。是非とも雌を見てみたいです。
クロオビフユナミシャクの雌は、27日に井の頭公園のトイレ外壁で見ることが出来ました。意外に翅が大きかったです。
Commented by おはる at 2011-12-28 21:17 x
>天道虫さん
 風邪、お大事にして無理はなさらないように。私は昼間にしか観察していないので、夜の様子はわかりません。夜は寒くて暗いので、探すのはなかなか難しいと思われますが。

>みき♂さん
 やはり野川公園は自然度が高そうですね。トイレは狙い目の場所なのですが、不審者に思われないように気を付けなければなりませんね。
(笑)
Commented by みき♂ at 2011-12-29 06:21 x
こんにちは。12月28日に野川公園へ出掛け、クロオビフユナミシャク(1匹)、ウスバフユシャク(4匹)、イチモジフユナミシャク(3匹)などを見つけました。いずれも雄ばかりです。雌も見たいのですがなかなか難しいですね。
Commented by おはる at 2011-12-30 20:45 x
みき♂さん、イチモジ冬ナミシャクのメスの翅はきれいなのですよね。見たいですね。井の頭では今日、シロオビフユシャクのオスがいました。
Commented by みき♂ at 2011-12-31 05:30 x
こんにちは。調べてみたところ、シロオビフユシャクは1月に善福寺公園で一度見たきりです。しかし4月末に井の頭公園で幼虫を見ているので、今度成虫も見てみたいですね。
私も30日は玉川上水縁を少し歩きました。トイレでチャバネフユエダシャクの雄、上水縁のアオキの葉上でムラサキシジミの雄を見つけました。1月中にもフユシャクや越冬する蝶の姿を見つけたいと思います。では、良いお年を。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31