フユシャク続報

12月後半から現在まで、一番よく目につくフユシャクはウスバフユシャク。
毎日のように何匹か見られる。

↓交尾するウスバフユシャク。井の頭公園。1月19日。1月28日。
d0146854_930464.jpg
d0146854_930345.jpg


その中で注意してみると、少しずつクロテンフユシャクも目につくようになった。
↓交尾するクロテンフユシャク。井の頭公園。1月31日。2月4日。
d0146854_9304353.jpg
d0146854_9305378.jpg

オスは、翅を横切る黒い線が折れ曲がっているのがクロテンで、ゆるくカーブしているのがウスバ。
メスだけのものもたくさん見られるのだが、その識別の仕方はわからない。
中にはウスモンフユシャクのメスも混じっているかもしれない。

↓ナミスジフユナミシャクの産卵。2012年1月28日。井の頭公園
d0146854_931440.jpg

薄緑色の卵を、そのままあちこちに産み付けているだけ。
これが通常の産卵形態なのだろうか。卵は乾燥してしまわないのだろうか。

↓こちらは、クロバネフユシャクの卵塊と思われるもの。2012年1月28日。井の頭公園
d0146854_9311591.jpg

卵を覆う毛が一部しかない。
途中で何か事故があったのか。メスの気まぐれなのか。
おかげで卵の産み付け方や色・形がよく見える。

↓上の写真をピクセル等倍に拡大したもの。
d0146854_9312350.jpg

↓こちらは、産卵し始めたところで事故に遭ったようだ。メスはすでに絶命。
2012年1月28日。井の頭公園
d0146854_9313229.jpg


そして、シロフフユエダシャクも出始めた。
↓シロフフユエダシャクのオス。2012年2月4日。井の頭公園。
d0146854_9314026.jpg

あと、ヒロバフユエダシャクが出れば、昨年までに見られた冬尺は出そろう。
新しい種類(シモフリトゲエダシャクなど)が見られるといいのだが。
[PR]

by 2008oharu | 2012-02-06 09:48 | | Comments(4)
Commented by 天道虫 at 2012-02-06 22:36 x
学校の試験も終わり、採点も終わって、時間ができたところでまた風邪をひいてしまいました。抵抗力が弱っているのかな?
フユシャクまた撮りに行きたいです。いろいろ出てきていますね。
Commented by おはる at 2012-02-07 12:27 x
風邪が流行っているようですね。くれぐれもお大事に。冬尺は、まだこれからも次々に出てくると思います。
Commented by みき♂ at 2012-02-08 21:42 x
こんにちは。本日木の幹で見かけたのは両方ともヒロバフユエダシャクのようですね。その後柵で2匹、トイレで1匹見つけましたが、全部ヒロバフユエダシャク♂でした。
まだシロフフユエダシャク♂を見ていないので、また探しに行きます。
Commented by おはる at 2012-02-08 22:41 x
私も家に帰ってよく見たら、ヒロバだと気づきました。一斉にでてきたみたいですね。メスは遅れて出てくるのでしょうか。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31