オカモトトゲエダシャク

例によって玉川上水縁の擬木柵をチェックしていると、こんな蛾が目についた。

↓2012年2月22日。井の頭公園
d0146854_10512595.jpg

翅が縮んでいるので、羽化しているところだと思われる。
見たことがない蛾だ。
11時50分ごろだったので、しばらくしてまた見ることにした。

↓13時30分ごろの状態。
d0146854_1051361.jpg

翅が大分伸びてきている。触角が櫛状なので、♂だろう。

↓15時10分ごろの様子。
d0146854_10514441.jpg

あまり変化はないが、翅を少し開いている。
模様がかなりはっきりしているので、家に帰って調べれば名前がわかるだろうと思い、
ここまでで観察を終えた。

同じとき、みき♂さんから別の場所の蛾の情報をいただき、見に行った。

↓同日。井の頭公園の木柵にいた蛾。
d0146854_10515286.jpg

↓横からみたもの。
d0146854_1052028.jpg

このような特徴のある翅の状態から、家に帰って調べ、オカモトトゲエダシャクだろうと推定できた。
触角が櫛状ではないので、♀だろう。

擬木柵の方は、なかなか名前が突き止められなかったが、オカモトトゲエダシャクの写真をあちこちのサイトで見ていくうちに、これもオカモトトゲエダシャクではないかと思い至った。
図らずも、みき♂さんからも同じ意見をいただいた。

翅は止まるるときは細く折り畳み、飛ぶときは広げるそうだ。

もし、この同定が正しければ、成虫は初見ということになり、しかも♂♀同時に見られてとてもラッキーだった。

幼虫は、鳥の糞に擬態していることで有名。
↓2007年5月19日。井の頭公園。
d0146854_10521016.jpg

まだ上水の柵が鉄柵だったころ、そこに巻き付いていたスイカズラ(?)を食べているところ。

↓2011年5月6日。善福寺公園。
d0146854_10521712.jpg

エノキの若葉を食べている。

オカモトトゲエダシャクは、蛹越冬で年1化。早春に羽化する蛾のスプリング・エフェメラルだ。
図鑑には、3月~4月に見られる蛾と記されているが、ここの所春の陽気が続いたので羽化が始まったのだろう。
季節は確実に春に向かっている。
[PR]

by 2008oharu | 2012-02-23 11:12 | | Comments(2)
Commented by みき♂ at 2012-02-23 12:48 x
こんにちは。幼虫の写真も撮影済みとは流石ですね。
♂と♀が同じ日に見られてよかったですね。見かけた時には同じ種とは思えませんでしたが、蛾というのは本当に奥が深くて面白いです。
昨日は床屋の後で公園に行きましたが、分園を歩いていると頭のてっぺんに鳥の糞が落ちてきました。見上げるとムクドリが10羽くらい枝にとまっていました。いつかこういう日が来るとは思っていましたが、色んな意味でツイている日でした(苦笑)。
Commented by おはる at 2012-02-23 21:10 x
昨日はありがとうございました。蛾は数が多いので、尽きることなく探索できますね。
小鳥の爆弾は、私も何度も受けています。分園のムクドリはラクウショウに集まっていて爆弾投下しますね。あのとき、ツイていたかどうかは記憶にありませんが。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31