キタキチョウの春

本州で見られるキチョウは、いつの間にかキタキチョウと呼ばれることになった。
私の持っている古い図鑑では、キチョウなのだが。
DNAを調べた結果、南に生息するキチョウとは違うことがわかったかららしい。
日本のみで見ると、南のキチョウよりキタキチョウの方が広い地域を占めるので、
南のキチョウを「ミナミキチョウ」と呼びたくなるが(実際そう呼ぶ人もいるようだ。)、
世界的にみると、南のキチョウの方が広く分布するのだという。

さて、仕方がないので、これからはキタキチョウと呼ぶことにする。
キタキチョウは成虫越冬だが、このところの暖かさで、やっと活発に活動するようになった。

ヒメオドリコソウ・ハコベ・オオイヌノフグリが咲く陽だまりにキタキチョウが飛んでくる。
どの花で吸蜜するか観察してみた。

↓ヒメオドリコソウに。2012年3月28日。井の頭公園。
d0146854_2145317.jpg

↓ハコベに。同日同場所。
d0146854_21509.jpg

↓オオイヌノフグリに。同日同場所。
d0146854_2151367.jpg

だいたいどの花にもまんべんなく来ていたが、一番よく来ていたのはやはりヒメオドリコソウだった。
(ビロウドツリアブは来ないので、やはりこの花は蝶向けなのか。)
その他、近くに咲いていた園芸種のスミレにも来た。

そこへもう1頭のキタキチョウが現れる。
黄色が濃いので、オスだと思われる。

d0146854_2194840.jpg
d0146854_2110868.jpg
d0146854_21102355.jpg
d0146854_2110424.jpg
d0146854_21105146.jpg

メスは交尾拒否姿勢を取りながら、吸蜜を続けるが、オスはしつこく言い寄る。
うるさく思ったのか、最後にはメスは花を離れて飛んで逃げる。

メスはすでに交尾を終えているのだろう。
オスも越冬しているところを見ると、越冬明けに交尾するのかもしれない。

そして、越冬明けに思う存分栄養をつけて、これから産卵しようとしているのだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2012-03-30 21:19 | | Comments(4)
Commented by 天道虫 at 2012-03-31 12:04 x
キチョウの交尾拒否写真いいですね。
モンシロチョウと同じ姿勢なんですね。
シロチョウ科はみんな同じなのだろうか?
Commented by おはる at 2012-03-31 21:09 x
天道虫さん、こんばんは。
スジグロシロチョウも同じ姿勢を取るのをみたことがあるので、
シロチョウの特徴かもしれませんね。
Commented by grassmonblue at 2012-03-31 23:40 x
いつもながら、きれいな写真で、配偶行動の観察。ストーリー性もばっちりです。
「キタキチョウ」に転向のよし、以前にもお伝えしたかもしれませんが、私は頑固に「キチョウ」にこだわっています。

http://blog.livedoor.jp/grassmonblue/archives/51351455.html
Commented by おはる at 2012-04-01 18:07 x
grassmonblueさん、やはりキチョウ派でしたか。
私も本音では、キチョウと呼びたいです。
ウスバシロチョウもウスバアゲハになったのですよね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31