アカボシゴマダラが多すぎる!

ご存知、人為的に放蝶された外来種のアカボシゴマダラは、井の頭公園で2008年にその生息を確認して以来、毎年姿を見ない年はない。
カウントしたわけではないが、在来種のゴマダラチョウよりも多く目につくのは確かだ。
今年の夏は特に、目立つような気がする。

アカボシゴマダラは4令幼虫で越冬し、食樹のエノキの新葉が展開してくると終令に脱皮し、ぐんぐんと大きくなって蛹化。5月下旬から6月初旬ごろに羽化する。
この第1化は、名前の由来になっている赤い星の斑がないものが多いのが特徴だ。

今見られるのは2化目で、どれもはっきり赤い星がついている。
ゴマダラチョウよりも少し大きく、翅をゆっくり動かして飛ぶ様子は、アサギマダラに似ている。
人が近寄ってもあまり逃げないのは、毒蝶に擬態しているせいではないかと思う。

↓樹液に来たアカボシゴマダラ。2012年7月25日。玉川上水縁。
d0146854_2283448.jpg

夏の樹液酒場にはカブトムシやカナブン、スズメバチなどが樹液を吸いにやってきているが、今年は特にアカボシゴマダラがよく来ている。

↓1匹のメスに2匹のオス? 2012年7月25日。玉川上水縁。
d0146854_22101519.jpg

樹液の傍ではこんな光景も。ここだけで5~6匹のアカボシゴマダラが飛び回っていた。


↓産卵する夏のアカボシゴマダラとその卵。2012年7月27日。玉川上水縁のエノキにて。
d0146854_2159954.jpg
d0146854_21592253.jpg

アカボシゴマダラは、比較的若いエノキに産卵していることが多い。

↓エノキの葉を食べるアカボシゴマダラの幼虫。同場所
d0146854_2221121.jpg

幼虫は、すぐ目の前の目線の高さにいるのに、エノキの葉に見事に同化していて、意識して探さないとなかなか見つからない。

↓アカボシゴマダラの前蛹。同場所。
d0146854_2243815.jpg

蛹も、ここに幼虫がいたから見つけられたのであって、漠然と見ただけではなかなか見つけられないものだ。

↓次の日に蛹になっていた。左にあるのは、幼虫の抜け殻。
d0146854_2243932.jpg

この蛹は数日後には羽化していた。

これらの観察の間、私は一度もゴマダラチョウを見ていなかったので、とても気がかりだった。
やっとゴマダラチョウが確認できたのは、7月27日。

↓エノキに産卵するゴマダラチョウ。2012年7月27日。
d0146854_22155831.jpg

ゴマダラチョウは比較的大きなエノキの上の方で産卵しているので、目につきにくいこともあるのかもしれないが、やっとゴマダラチョウの姿を確認できてほっとした。
[PR]

by 2008oharu | 2012-07-31 22:23 | | Comments(2)
Commented by みき♂ at 2012-08-01 00:03 x
こんにちは。
私も今年は全然ゴマダラチョウに出会えませんでしたが、7月29日、皆さんとお会いした後に梢の方をチラチラと飛んでいるのをやっと見つけました。
アカボシゴマダラはあちこちで見かけましたが、ゴマダラチョウは他の公園も含めて、今年初確認でした。
Commented by おはる at 2012-08-01 09:01 x
みき♂さん、私も第1化のゴマダラチョウを見ることができなかったので、とても気がかりでした。
今のところ細々ながらも命をつないでいるようですね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31