幼虫たちの季節 フユシャク編

寒暖の激しい毎日だが、木々の葉は着実に伸び広がり、いつも何か蛾の幼虫たちがいっぱい。
特に、風が強かった日の翌日は、木々から落下してきたらしい幼虫たちが、擬木柵をうにょうにょ動き回っている。

それらの中から、なんとか今年もフユシャクの幼虫を探してみる。

↓チャバネフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21183851.jpg

チャバネフユエダシャクは、フユシャクの幼虫の中で一番わかりやすく、また目立つ。
このフユシャクは、成虫より先に幼虫が見つかり、成虫もいるはずだと探したものだ。
4月中旬ごろから、たくさん見つかるようになった。

↓ヒロバフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21234432.jpg

この成虫はたくさん見つかっているが、今まで幼虫は識別できなかった。
今年はあちこちの桜の孫生などで見つかった。

↓シロフフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の擬木柵
d0146854_21281854.jpg

シロフフユエダシャクの成虫も毎年必ず見られていたが、幼虫がわかったのは今季初めて。

↓クロスジフユエダシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21295647.jpg
d0146854_213034.jpg

成虫はフユシャクの中で一番早く出てくる。
この幼虫は昨年も見つけられた。黒っぽいものと薄緑色のものがいる。

↓シロオビフユシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園
d0146854_2132691.jpg

この幼虫も昨年見つけられた。

↓クロバネフユシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21374418.jpg

成虫のシロオビフユシャクとクロバネフユシャクも区別がつきにくいが、
幼虫も背中の模様の形がちょっと似ている。クロバネのほうが、模様が多い。

↓ウスバフユシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21334688.jpg

ウスバフユシャクはクロスジフユエダシャクなどとともに、井の頭には多数出現するフユシャクだが、
幼虫は特徴がなく目につきにくい。

↓たぶん、ナミスジフユナミシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21372484.jpg

これも、幼虫は今季初めて見つかった(あるいは昨年は見落としていた)。

似た体色で頭が黒いとクロオビフユナミシャクらしいのだが、まだ見つけられない。

今季、井の頭公園では、13種のフユシャク成虫が見つかっているが、幼虫はまだ8種しか識別できていない。

もちろん、以上の幼虫も間違っている可能性はある。
すっきり識別できる図鑑がほしい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-23 21:47 | | Comments(4)
Commented by みき♂ at 2013-04-24 05:40 x
こんにちは。幼虫写真、勉強になります。
最近主フィールドをすっかりお留守にしておりますが、先日ちょっとだけ行った時には、撮った写真の9割が幼虫でした。
フユシャクの幼虫図鑑、おはるさんが作るしかありませんよ(笑)。
Commented by yamap at 2013-04-24 21:45 x
イモムシさんたちはほんとに難しいです。近所で見つけたイモムシはチャバネフユエダシャクだけ名前がわかりました。
冬シーズンに、健気な姿を見せてくれたあの子らの子供たちかと思うとなんか感慨ひとしおです。
(フユシャク幼虫図鑑作ってくれたらとても嬉しいです。だって本当にわからないんですもん)
Commented by おはる at 2013-04-25 21:09 x
みき♂さん、MFの昆虫相は今ちょっと低調です。フユシャクの幼虫はたくさんいるのですが、小さくて地味ですねぇ。
Commented by おはる at 2013-04-25 21:12 x
yamapさん、みんなチャバネのように分かりやすい色や模様だといいですね。小さくてコンデジでは鮮明に撮るのさえ難しいです。せめて井の頭産の幼虫ぐらいは識別できるようになりたいのですが…。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31