コセンダングサと蝶たち

アメリカセンダングサコセンダングサは、帰化植物で、井の頭公園の片隅にもたくさん生えているが、花としては極めて地味。しかし、観察していると、かなりの種類の蝶たちが訪れる。
※この草本は、コセンダングサだと教えていただきました。

●ウラナミシジミ 2013年10月14日。井の頭公園(以下すべて同じ場所)
d0146854_21112154.jpg
d0146854_21112814.jpg

もともとは、この秋の蝶、ウラナミシジミを撮ろうと思ってこの場所に来たのだ。

●イチモンジセセリ 2013年10月17日。
d0146854_2122269.jpg

秋に急に数が増える蝶。

●キタテハ 21013年10月14日。
d0146854_2123183.jpg

翅の形が秋型だ。この時期に見るキタテハは、羽化直後のきれいな個体が多い。この個体から越冬に入るのだろう。

●モンキチョウ 2013年10月14日。
d0146854_2124557.jpg

モンキチョウは、出現の時期や場所が不定な蝶だ。すぐに姿を消した。

●モンシロチョウ 2013年10月17日。
d0146854_21262982.jpg

今の時期、モンシロチョウはまだ個体数も多く、元気に飛び回っている。

●ヤマトシジミ 2013年10月14日
d0146854_2128696.jpg

ヤマトシジミも、この時期個体数は多い。

●ベニシジミ 2013年10月27日
d0146854_2129326.jpg

この場所では、この日初めて見た。少し擦り切れている個体。

●ツマグロヒョウモン 2013年10月27日
d0146854_21312165.jpg
d0146854_21312840.jpg

ツマグロヒョウモンも比較的多いが、最盛期は過ぎたような気もする。

●キタキチョウ 2013年10月27日
d0146854_21313962.jpg

なんといっても、この場所で今一番多い蝶はキタキチョウだ。これらの個体が越冬するのではないかと思うが、近くの萩にも盛んに訪れていて、まだ産卵もしているらしい。暖かければ、もう1サイクルできるのだろうか。
キタキチョウの中には極端に小さい個体がいて、まるでシジミチョウのように見える。このことについては、またいずれ考えてみたいのだが、写真で大きさを表す方法が難しい。


おまけ:ツマグロヒョウモンを捕えたハラビロカマキリ
d0146854_21395568.jpg

これは、9月27日の同じ場所での出来事。まだキクイモの花が咲いていて、そこを訪れたツマグロヒョウモンの動きが変だったので、近づいてみて事態がわかった。

現在も草地のあちこちにハラビロカマキリが潜んでいる。

ちょっとした空き地があり、花が咲いていれば、これほど多くの蝶が訪れるのだ。蝶だけでなくハチやアブもやってくる。そして、それらを獲物にしようと待ち構えているカマキリや蜘蛛も。蜻蛉が飛び、バッタも跳ねる。カメムシもつく。そして鳥も来る。これが自然というものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2013-10-29 21:51 | | Comments(2)
Commented by みき♂ at 2013-10-30 04:28 x
こんにちは。
おっ、井の頭公園のベニシジミ珍しいですね。
コセンダングサにはこの時期、ハナアブ類もいろいろ来ますね。
今年は本園の草地がなくなってアブ類を撮る機会がめっきり減ってしまいました。
Commented by おはる at 2013-10-31 19:58 x
コメントありがとうございます。この時期、花が少ないからか、この一角にたくさんの虫が集まっていました。どこでも草地はすぐに刈られてしまいますね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31