フユシャクの季節到来

↓クロスジフユエダシャクのオス 2013年11月19日 井の頭公園
d0146854_2127064.jpg

見慣れない蛾がいたというので見に行ってみたら、クロスジフユエダシャクだった。
お仲間が見たときは、翅が垂れ下がったような状態だったので、別の蛾に見えたらしい。
つまり、この個体は羽化して間もない個体だった可能性が高い。

クロスジフユエダシャクは例年11月下旬ごろから出現し始めるので、だいたい予定通りだ。
この後天気の良い日には、オスが地面近くをひらひら飛ぶ姿が見られるようになった。
止まらないとなかなか写真には撮れない。

↓11月24日のクロスジフユエダシャク すべて井の頭公園
d0146854_21324422.jpg
d0146854_21325268.jpg
d0146854_213305.jpg

この日はトイレの壁、樹の幹、そしてひらひら飛んだ後葉に止まったものと3個体のオスの写真が撮れた。
大分数が多くなってきたようだ。

そして、今日、
↓クロスジフユエダシャクのメス 2013年11月27日 井の頭公園
d0146854_21363834.jpg
d0146854_21364582.jpg

擬木柵にまるまるとお腹が膨れたメスが2匹いた。
メスは昨日も見られたようなので、いよいよフユシャクの季節が到来したという感じだ。

この冬はどんな種類、どんな様子のフユシャクが見られるだろうか。

追記:
↓クロスジフユエダシャクの交尾 2013年12月1日 井の頭公園
d0146854_233624.jpg

この日はいたるところでクロスジフユエダシャクのオスが飛んでいた。例によって地面すれすれの低空飛行で、いかにも羽化してくるメスを探している様子。きっと交尾ペアもいるはずと、探して回る。
過去の例では、交尾は割と低い位置で行われることが多いので、木柵の低い位置や木の根元あたりをチェックしていたら、案の定見つかった。

何人かのお仲間に知らせた後、ちょっと失礼してオスの翅をめくって写真を撮った。

[PR]

by 2008oharu | 2013-11-27 21:39 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31