立春前後のフユシャク

その後、1月下旬から2月上旬に見られたフユシャク。

まず、今のところMFでの今季一番の収穫は、シモフリトゲエダシャクのメスが見られたこと。

↓シモフリトゲエダシャクのメス。2014年1月28日。井の頭公園
d0146854_21505852.jpg

これは、みき♂さんにおしえていただいた個体で、そばにオスもいた。
噂通り、とても大きい。
オスは昨年初めて見たのだが、メスは見つけられなかったのだ。

↓同じくシモフリトゲエダシャクのメス。2014年1月29日。
d0146854_21512393.jpg

前日の個体と道を挟んだ反対側の擬木にいた個体。
同じ個体が移動したのか、それとも別個体なのか不明。

↓同じくシモフリトゲエダシャクのメス。2014年2月2日。井の頭公園
d0146854_21513364.jpg

このほかにも、お仲間がもう1個体別の日に見ているそうなので、少なくとも3~4個体のメスがいたことになる。

オスは、2014年1月21日と28日に観察した。
d0146854_21573564.jpg
d0146854_21574463.jpg

シモフリトゲエダシャクは、これで井の頭公園に確かに生息していると言っていいだろう。
この春は、幼虫も確認したいものだ。

そのほか、
↓シロフフユエダシャクのオス 2014年1月18日 井の頭公園
d0146854_22010100.jpg

↓同メス。2014年1月28日。井の頭公園
d0146854_2202469.jpg


↓ヒロバフユエダシャクのメス 2014年2月2日 井の頭公園
d0146854_222459.jpg

↓同オス 2014年2月3日 井の頭公園
d0146854_222422.jpg


↓クロテンフユシャク後尾ペア 2014年2月6日 井の頭公園
d0146854_2233219.jpg

という具合に、例年通りの種類がそれぞれ確認されている。
[PR]

by 2008oharu | 2014-02-14 22:08 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31