春の蝶たち ワン・ショット

今まで特記してこなかった春の蝶たち

シロチョウ編

今年のモンシロチョウの初見はとても遅く、3月25日。それもプチ遠征先で。
井の頭公園で見たのは、3月29日だった。
さらに写真が撮れたのは、4月になってから。

↓モンシロチョウ 2014年4月2日 東京都下里山
d0146854_17502736.jpg
 
アブラナ科の野菜の周りを飛び回っていた個体で、たぶん産卵するメスだと思われる。
井の頭公園内では、モンシロチョウの姿はとても少ない。
それは、ツマキチョウの記事でも書いたが、下草が刈られ、モンシロチョウの食草のアブラナ科の野草が減り、吸蜜する花も減ったからではないかと思う。

近所の生産緑地などには、何十匹ものモンシロチョウが乱舞しているので、モンシロチョウが減ったわけではないのだろう。

↓モンキチョウ 2014年3月4日 東京都下の河川敷
d0146854_17543966.jpg

フユシャクを撮りに行った場所で見たもの。
果たして羽化個体なのか、それとも越冬個体なのか。
モンキチョウに関しては、越冬形態がはっきりしないようだ。

この蝶も井の頭公園ではよく見る年と、ほとんど見られない年がある。
春の個体はまだ見ていない。

↓スジグロシロチョウ 2014年4月2日 東京都下里山
d0146854_17583032.jpg

春型のメスの裏翅はとても美しいと思う。
野川公園などでも見たが、井の頭公園ではまだ見ていない。

↓キタキチョウ 2014年3月29日 井の頭公園
d0146854_1814730.jpg

キタキチョウはシロチョウの中では、成虫越冬であることがはっきりしている種。
私が見ているポイントは、やはり下草の野草の生長が遅れたのか、キタキチョウですらなかなか目にしなかった。最近やっと多く目にする。

これで、ツマキチョウも含めて、このへんのフィールドで見られるシロチョウは、一応全種出現したことになる。
[PR]

by 2008oharu | 2014-04-22 18:06 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31