地元のヒオドシチョウ 蛹化と羽化

2014年5月17日。地元井の頭公園に見慣れない幼虫がいると連絡が入ったので、行ってみた。
見ると、タテハチョウの幼虫のようだ。
キタテハでもアカタテハでルリタテハでもない。
いろいろ推測して、未見のヒオドシチョウの幼虫ではないかと思った。
幼虫はすでに前蛹の体勢になっていたが、時間が経つごとにいつの間にか数が増えていって、十数匹になった。

↓ヒオドシチョウの前蛹 2014年5月17日 井の頭公園
d0146854_223793.jpg

ヒオドシチョウは山地や丘陵地、近くは野川公園などで見たことがある蝶だが、私は井の頭公園で見るのは初めてだった。

前蛹なので、次の日は蛹になるだろうと思い、その様子を観察することにした。

↓蛹化の開始 2014年5月18日 同場所
d0146854_2253618.jpg

頭部の後ろが割れ、幼虫の殻がジッパーを開けるように開いて行って、蛹の体が現れ、最後に幼虫の殻を落とす。

↓蛹の完成 
d0146854_22110100.jpg

その間の様子を、スライドショーにしてみた。

ヒオドシチョウの蛹化

この間、ほんの数分であった。
この日十数匹の前蛹はほとんどが蛹になった。

これだけの蛹から無事に羽化できるのはどれくらいだろうか。寄生されたり、鳥に食べられたりするものも多いだろうが、ぜひ羽化の様子も観察したいと思った。

その後、案の定、毎日少しずつ蛹は減っていった。ほとんどが根こそぎ取られていたので、たぶん鳥が捕ったのだろう。
羽化の予定日には、なんと3頭しか残らなかった。

ヒオドシチョウの蛹は、他のチョウの蛹のように、色合いが劇的に変化することはないらしいので、ほとんど一日中張り付くように観察してまる一日無駄にしたあと、やっと羽化が始まった。

↓羽化直前の蛹 2014年6月2日 同場所
d0146854_22192156.jpg

チョウの翅のヒオドシ色模様が透けて見える。

↓蛹の殻を破って、チョウが頭を出す。
d0146854_2220119.jpg

↓全身が殻から出る。この間1分も経たない。
d0146854_22211449.jpg

↓殻にぶらさがり翅を伸ばす。
d0146854_2222656.jpg

翅が完全に伸びきるまでの間に、羽化液を排出する。これは蛹の間にできた老廃物なのだが、その液がまるで血のように真っ赤なのだ。

↓地面に落ちた羽化液
d0146854_22234489.jpg


この間の様子もスライドショーにしてみた。

ヒオドシチョウの羽化

今まで地元では見たことがなかったヒオドシチョウがなぜ、今年はこんなに見られるのだろうか。今年は越冬明けのヒオドシチョウがあちこちでよく見られている。
何かヒオドシチョウの発生に都合の良いことが起きているのだろうか。

実は見落としていただけで、昨年地元でヒオドシチョウを見た人がいたということがあとでわかった。
そして、今年地元のヒオドシチョウの幼虫は、もう1か所発生していた。その蛹は1週間ほど早く羽化し、少なくとも4個体ぐらいが近くの樹液に来ていることもわかった。

↓先に羽化した地元のヒオドシチョウ 2014年6月1日 井の頭公園
d0146854_22342595.jpg

d0146854_22343687.jpg

ヒオドシチョウは年1化で、越冬した成虫が春に卵を産む。なんでも150個ぐらいかためて産むらしいので、その卵が孵れば、食樹(エノキ)をかなり食害するそうだ。それらの幼虫が無事に成長すれば、いきなり大発生ということが十分起こり得る。
井の頭公園でも、昨年羽化した成虫が無事に越冬し、産卵したのだろうか。

この先、ヒオドシチョウは井の頭に定着するのか、今季だけの現象なのか。夏眠はどこでするのか。
いろいろ謎が多いので、今後も注意して観察したい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-02 22:42 | | Comments(8)
Commented by grassmonblue at 2014-06-03 00:03 x
すばらしいですね。
たしかに今年はヒオドシチョウも当たり年らしいですが、
初見の幼虫、蛹の鑑識眼といい、羽化を見逃さずの撮影といい、お見事です。
Commented by みき♂ at 2014-06-03 01:25 x
わ〜お!
素晴らしい瞬間に立ち会えましたね。
首を長くして待った甲斐があったようで、良かったです。
今シーズン、新成虫の姿は4つの公園で6〜7匹見ていますが、未だに開翅シーンが一枚も撮れておりません(涙)。
Commented by おはる at 2014-06-03 09:08 x
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
とても観察しやすい場所にあったので、絶好のチャンスでした。
昆虫は当たり年と不作(?)の年とがとても顕著に現れますね。
Commented by おはる at 2014-06-03 09:11 x
みき♂さん、あれから2頭目は人とおしゃべりしている間に出てしまい、最後の1頭は見逃すまいと必死でした(笑)。なんとか見られてよかったです。
アゲハなどと違い、羽化途中では一度も全開することなく飛び立っていきました。
Commented by YAS at 2014-06-05 13:35 x
おめでとうございます。やりましたね。
ヒオドシチョウと推測するところ、羽化を撮影し、表・裏翅をしっかり撮影したことに拍手です。子供の頃、自称「昆虫少年」だったという方が、昔はヒオドシチョウの幼虫がたくさんいた話を聞いたことがあります。とにかく、私もうれしくなるNewsでした。おめでとうございます。
Commented by 2008oharu at 2014-06-05 22:21
YASさん、ありがとうございます。
地元でこういう観察チャンスが与えられてラッキーでした。今後ヒオドシチョウは定着するのかどうか、とても興味があります。善福寺ではどうなのでしょうね。
Commented by twoguitar at 2014-06-12 10:21 x
ヒオドシチョウの蛹化と羽化と成虫開翅のすべてが時系列で克明に観察出来、素晴らしいですね。
その過程がよく分かり勉強になりました。
これだけの記録は、忍耐強い観察の賜物ですね。
Commented by おはる at 2014-06-15 09:26 x
twoguitarさん、コメントありがとうございます。絶好のチャンスが与えられたので、がんばって継続観察しました。おかげで、どこへも遠征できませんでした(苦笑)。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31