ゴイシシジミとアブラムシ

トリノフンダマシを探しに行った場所は、昨年ゴイシシジミを見つけた場所でもある。今年は出初めのころに出遭うチャンスがなかったので、半ば諦めてはいたが、もしかしてという思いもあった。

しかし、田んぼの周りをぐるりと一周しているとき、ラッキーにも足元のアズマネザサにそれを見つけることができた。

↓アブラムシの出す汁を吸うゴイシシジミたち。2014年7月23日 武蔵村山市
d0146854_850586.jpg

↓ゴイシシジミが汁を吸っていたアブラムシ
d0146854_852397.jpg

このアブラムシの名前は、ササコナフキツノアブラムシというらしいが、もう一つ、タケツノアブラムシというのもあって、私にはその違いがわからない。体を蝋物質で覆っていて、形状もよく見えないが、どちらもホストはアズマネザサなど。

ゴイシシジミの幼虫は、小さい時は同じくアブラムシの汁を吸い、長じてはアブラムシそのものを食べるという。蝶類の中では珍しく肉食なのだ。
しかし、それゆえこのアブラムシがいなければ生息できず、チョウ自身の生息範囲も限られるようだ。

↓ゴイシシジミ 同日同場所
d0146854_8583977.jpg

この蝶も、私の主フィールドでは見られない蝶だ。
主フィールドにもアズマネザサはたくさん生えているが、アブラムシがついているかどうかは、今までチェックしなかった。それにネットの情報によれば、生息範囲をあまり広げない蝶だとある。
主フィールドで見られるようになる可能性は低いかもしれない。
[PR]

by 2008oharu | 2014-07-26 09:04 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31