入笠湿原にて その他の蛾

昨年も入笠湿原の花に来ていた蛾で、名前がわからないものがいくつかあったが、今年も同じ蛾がいた。

↓ショウブヨトウの仲間 2014年8月8日 入笠湿原にて
d0146854_943121.jpg
d0146854_95038.jpg

上の2枚は別個体。
わりと模様や色合いがはっきりしているので、家に帰って調べればわかると思っていたのだが、結局昨年は分からずじまいでお蔵に入れてしまった。
今年も何個体かいたので、もう一度調べて、たぶんショウブヨトウという高山キリガの仲間だろうというところまではわかった。
ショウブヨトウには、タカネショウブヨトウ、ミヤマショウブヨトウ、ショウブヨトウなどがいるらしいのだが、その識別は解剖学的に調べないとわからないとある。
ネットで写真を検索してみても、もちろんどれなのだかわからない。

↓斑紋の白いショウブヨトウの仲間 同日同場所
d0146854_9103410.jpg

これらが、別種なのか、それとも同種の色違い(個体差)なのかすらもわからないので、すべてショウブヨトウの仲間としておく。

その他にも黒っぽいヤガの仲間らしいものなど、まだ名前が調べられない蛾がいた。

↓シロシタホタルガ 同日同場所
d0146854_9131783.jpg

シロシタホタルガは平地でも見られる蛾だが、こんなところにもいるのだとちょっと驚く。

一番の収穫は、これ。

↓イブキスズメの幼虫
d0146854_9165124.jpg

d0146854_91729.jpg

ヤナギランについていたスズメガの幼虫で、3個体ぐらい見つけた。
その場所では名前までは分からなかったのだが、なぜか頭に「イブキスズメ」の名前がうっすらと浮かんだ。図鑑かネットで見て無意識ながら、印象が残っていたのだろうか。
家に帰って調べたら、ドンピシャリ。やはり高山系のスズメガのようだ。

昨年確認したキシタギンウワバもいたが、よい写真が撮れなかった。
昨年キベリタテハを見つけた白樺をチェックして見たら、いたのはこの蛾だけ。

↓オニベニシタバ
d0146854_926457.jpg


見られた蝶については、次回に紹介する予定。
[PR]

by 2008oharu | 2014-08-11 09:29 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31