フユシャク続報2

井の頭公園の今季のフユシャクは、クロスジフユエダシャクに始まり、クロバネフユシャク・シロオビフユシャク・ナミスジナミフユシャク・クロオビフユナミシャク・イチモジフユナミシャク・ウスバフユシャク・クロテンフユシャク、シモフリトゲエダシャク・シロフフユエダシャク、そしてヒロバフユエダシャクと11種が出そろった。
(今季もウスモンフユシャクは見損なった。)

↓ヒロバフユエダシャクのメス 2015年2月9日
d0146854_14382611.jpg

↓同 2015年2月21日
d0146854_14385473.jpg

↓ヒロバフユエダシャクのオス 2015年2月10日
d0146854_14393584.jpg

↓同 2015年2月11日 善福寺公園
d0146854_14402158.jpg

個体数は例年と比べると少ないように感じる。

シモフリトゲエダシャクは、今季はメス2匹を見たが、オスは以前に報告した羽化不全個体しか見ていない。

↓シモフリトゲエダシャクのメス 2015年1月28日
d0146854_14435296.jpg

↓同 2015年2月15日 善福寺公園
d0146854_14443930.jpg

シモフリトゲエダシャクは、善福寺公園にも生息していることがわかった。

現時点で一番目につくのは、クロテンフユシャク

↓2015年2月21日のクロテンフユシャク(交尾後半)
d0146854_14462943.jpg


なので、この産卵しているメスは、クロテンフユシャクの可能性が高いと思うが、あくまでも推測だ。

↓産卵中のフユシャクのメス 2015年2月19日
d0146854_1448304.jpg

卵塊は、最終的にはこんな状態。メスの姿はない。
d0146854_14492862.jpg


時折、こんな悲劇も起こる。

↓フタスジヒラタアブの幼虫に襲われたフユシャクのメス。これもクロテンフユシャクかな?
d0146854_14511581.jpg


このあと井の頭公園で見られる可能性があるのは、トギレフユエダシャクだ。
未だそのメスを見たことがない。オスですら1例しか見ていないので、果たしてどうなるだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2015-02-22 14:54 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31