チョウの卵や幼虫ピックアップ

アサギマダラ
東京都内でアサギマダラが繁殖している場所がある。
毎年冬に越冬している小さな幼虫は見ているのだが、それが蛹になるまでを確認したくて、時々見に行っていた。

3月17日の幼虫
d0146854_872954.jpg

12月ごろの小さな幼虫と比べると、少し大きくなっている。これは有望と思っていたが、次の回には姿が見当たらなかった。

3月31日の幼虫
d0146854_885818.jpg

別の場所で見つけたもの。高い場所にいたので望遠で撮った。17日の幼虫とあまり変わっていない。
これも次の回ではもう見つけられなかった。

12月ごろには小さな幼虫が何個体もいたが、春にはそのほとんどがいなくなってしまう。アサギマダラは毒のあるキジョランを食べて捕食を避けるように進化してきたと言われているが、何に捕食されたのか、あるいは寒さで弱ったのか、やはり生存率は高くないようだ。(まさか、人間が捕っていったわけでもないだろうが。)

テングチョウ

メスにアピールするテングチョウのオス 3月30日
d0146854_8154953.jpg

前回、テングチョウが産卵している場面を見て、その卵だと思って撮ったのが、アカボシゴマダラの卵だったことが判明してしまった。今年はぜひ、本当のテングチョウの卵が撮りたいと期待して見ていたが、このペアリングは成立しなかった。

そこで、別件で出かけたとき、昨年テングチョウの幼虫がたくさんついていたエノキの若木をチェックしてみたら、何やら薄いオレンジ色の小さなものがついている。

d0146854_8191180.jpg
d0146854_8192072.jpg

あまりに小さく、なかなか鮮明には撮れなかったが、やはり卵だ。
今回は事前に形も調べておいたので、テングチョウに間違いないだろう。
これは、4月9日のこと。

4月28日に同じ場所に行ってみると、既に卵は孵化して幼虫になっていた。
d0146854_8213278.jpg

これで、テングチョウに関しては、卵・幼虫・蛹・成虫の全ステージを観察できたことになる。

ウスバシロチョウ

みき♂さんから、ウスバシロチョウの幼虫が見られると教えてもらって、4月23日に探しに行った。
既に幼虫の時期の終末期だったので、なかなか見つけられなかったが、なんとか粘ってやっと1匹見つけられた。

d0146854_826227.jpg

この角度からしか撮れなかったが、なんとか背中の模様が撮りたいと回り込む。

d0146854_8272463.jpg

すぐに気配を感じてか、固まってしまうが、脚に千切れたムラサキケマンの花びらがついているのがかわいい。
みき♂さんが、「すぐに落ち逃げする」と注意してくださったが、その通り。さらによく撮ろうとしたら、落ちてしまった。

d0146854_8311599.jpg

つっついて臭角を出させるのは忘れてしまって後悔。

周りには、既に羽化した成虫も見られたので、これが最後の幼虫だったのかも。来年は忘れずにもっと早く見に来よう。

d0146854_8334189.jpg


ゼフィルス
マイ・フィールドで見られるゼフィルス、アカシジミ・ウラナミアカシジミ・ミズイロオナガシジミのうち、アカシジミの幼虫だけ見たことがない。

今年もウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミの幼虫は樹上から落下した個体が見られた。

ウラナミアカシジミ 4月24日
d0146854_8364027.jpg

d0146854_8372558.jpg

ミズイロオナガシジミ 4月25日
d0146854_8375230.jpg

なんとかアカシジミが見たいと思い、目線の高さのクヌギやコナラをチェックしたが、徒労に終わった。

しかし、ウラナミアカシジミが葉裏で蛹化(前蛹)しているのは見つかった。

d0146854_8402046.jpg
d0146854_8402886.jpg

しかし、よく見ると、よこに白い寄生卵がついている。
もうすぐゼフィルスの季節がやってくるが、残念ながらこの蛹が羽化することはないだろう。

季節はどんどん進んでいく。
[PR]

by 2008oharu | 2015-05-01 08:44 | | Comments(6)
Commented by banyan10 at 2015-05-01 18:07
テングチョウの卵は間違いないですね。
アサギマダラは山頂近くでは結構蛹も観察されているようですが、生存率は高くないのですね。
ウラナミアカ、ミズイロオナガの幼虫は定期的に散策しているからなのでしょうね。
アカシジミの蛹は僕も課題の1つです。
ウラナミアカは寄生は残念ですが前蛹は貴重ですね。
Commented by 2008oharu at 2015-05-01 20:58
banyan10さん、コメントありがとうございます。banyanさんが指摘してくださらなかったら、以前の卵をそのままテングチョウと思い込んでいたかもしれません。お陰様で本物を見ることができました。卵は小さくて、撮るのが大変でした。
Commented by mikiosu at 2015-05-02 03:55
こんにちは、みき♂です。
テングチョウの卵はこれくらい撮れていれば充分ではないですか。私のはずっと不鮮明でした(涙)。
葉っぱを齧るウスバシロチョウの幼虫はなかなか可愛いですよね。
例の場所のアサギマダラ幼虫はとうとう姿が見られなくなりました。どこかで蛹化してくれていれば良いのですが…。
Commented by 2008oharu at 2015-05-04 19:59
みき♂さん、コメントありがとうございます。それぞれの卵の特徴がわかるような写真を撮るためには、どんなカメラやレンズが必要なのでしょうか。それとも腕なのでしょうか。シジミチョウの卵が撮れる腕がほしいです(笑)。
Commented by hirokou at 2015-05-08 20:50 x
以前、狭山丘陵でも幼虫を確認しましたが、食草を食いつくしていなくなってしまいました。
でも知らないところで世代を重ねている可能性はありますよね!
Commented by 2008oharu at 2015-05-09 16:15
horokouさん、コメントありがとうございます。食草を食い尽くしていなくなることもあるのですね。人間の目には見えないところで世代をつないでいる個体もいる可能性は十分ありますね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31