沖縄で目にしたチョウ

バードウォッチングが目的で沖縄本島、主にやんばるの森へ行った。
警戒心の強い鳥を観察するには、車の中から窓越しに見るしかないので、ほとんど車の中で過ごしたため、チョウを見るチャンスは少なかった。

それでも、県指定特別記念物のコノハチョウだけは、車を止めて外に出て撮ることができた。

コノハチョウ
d0146854_21114081.jpg

コノハチョウは、数頭も見られたが、止まるとすぐに翅を閉じてしまうので、きれいな表翅を撮るチャンスは残念ながらなかった。

表翅が隙間から微かに見える
d0146854_21135527.jpg

逆光に表翅の色が透けて見える
d0146854_21143191.jpg

スミナガシとのツー・ショット
d0146854_21145910.jpg

ガイドさんは、イシガケチョウやツマベニチョウを目にしたそうだが、残念ながら窓からは見えなかった。

トイレ休憩や宿舎の傍で見かけたのはこれ。

クロマダラソテツシジミ
d0146854_21173541.jpg
d0146854_2117437.jpg
d0146854_21175136.jpg

それぞれ別個体。ごく普通にいるチョウのようだ。
これが関東地方に進出してきたとき、チョウ屋さんたちの間では、珍鳥騒ぎと同じような状態になったのだが。

カワカミシロチョウ
d0146854_21202380.jpg

夜の宿舎の入り口に蛾たちとともにいたチョウ。
このときは、名前は分からなかった。

d0146854_21203171.jpg
d0146854_21203822.jpg

上の2枚は、港でアジサシを見ていた時に目にしたシロチョウで、モンシロチョウでもスジグロシロチョウでもないことだけはわかったが、名前は家に帰ってから調べてやっとわかった。
どちらかと言えば迷蝶らしい。

ツマグロヒョウモンはたくさんいたし、ナガサキアゲハも飛んでいた。本来南の蝶だったのだから当然だが。
ナガサキアゲハは白い部分が東京で見る個体より多く、きれいだった。(飛んでいて撮れないが)シロオビアゲハも飛んでいた。

たぶんリュウキュウミスジ
d0146854_21264976.jpg

止まったのがはるかかなただったので、ぼけた写真を拡大して紋を調べて確かめた。

いつかまた、チョウを撮ることを主たる目的にして再訪したいものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2015-06-16 21:32 | | Comments(2)
Commented by mikiosu at 2015-06-17 03:16
おかえりなさい。
沖縄の成果、鳥目的のなかでいろいろな蝶が見られて良かったですね。
コノハチョウ、表翅の透けて見える正面顔もいいですが、スミナガシとのツーショットもいいですね♪

Commented by 2008oharu at 2015-06-17 12:56
みき♂さん、コメントありがとうございます。今年はまだ見られなかったスミナガシを意外なところで目にすることができました。あと、アオスジアゲハもたくさん飛んでいましたが、東京の個体よりブルーが鮮やかに見えたのは、まわりの環境のせいでしょうか。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31