やっぱりアカボシ

私が初めてアカボシゴマダラを知ったのは、2008年の春。越冬していた幼虫を飼育したら、赤星のない春型成虫が羽化したので確かめられた。
たまたま新聞に放蝶種であることが載っていたので、関東で見られるアカボシゴマダラは外来種であることもわかった。2008年には地元の公園のあっちでもこっちでもアカボシゴマダラが目撃され、これは大変なことが起きているみたいだと感じた。

その後、アカボシゴマダラはすっかり定着し、ひところほど驚きをもって見ることもなくなったせいか、もともとそれほど個体数が多くなかったゴマダラチョウとの競合問題も意識しなくなってしまったまま数年が経った。

今年も春型が産卵する。2015年5月19日 井の頭公園内
d0146854_9175298.jpg
d0146854_9175951.jpg
d0146854_9181838.jpg

アカボシゴマダラは、ゴマダラチョウに比べてあまり人の動きに敏感ではなく、しかもエノキの若木に産卵することが多いので、目につきやすい。
それに比べて、ゴマダラチョウは私の見てきた限りでは、大きなエノキの上の方で産卵することが多いようで、なかなか目にする機会が少ない。
それにしても、実は今季まだゴマダラチョウを見ていないのだ。

さて、5月28日、知り合いの方々を地元に案内していたとき、エノキにいる幼虫を観察した。
ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの幼虫は、背中の突起の対の数と腹の先の突起の別れ方で区別すると言われていたが、観察した幼虫があまりにも小さく、突起の対の数もよくわからなかった。

それで、判断をペンディングして継続観察することにした。以下は、同じエノキにいた幼虫の成長記録である。そのエノキにはたくさんの卵や幼虫がいたので、同じ個体の成長記録とはいえない。

卵:孵化前には黒くなる。
d0146854_9272938.jpg

若齢幼虫
d0146854_9281413.jpg

まだ頭は黒くて突起がない。背中の突起はわからない。腹端の突起はとても小さいが分かれている。

脱皮後の幼虫
d0146854_9294181.jpg
d0146854_9295869.jpg

頭に二股に分かれた角ができる。腹端の突起はまだわかれている。背中の突起ははっきりしない。

中令幼虫
d0146854_9344611.jpg

まだ、腹端の突起は分かれ、背中の突起の数もはっきりしない。

このころ、昆虫に詳しいという人が、アカボシを飼育したいからといくつか選んで持ち帰ろうとした。継続観察しているから、遠慮してほしいと頼んだのだが、そのとき彼は、ゴマダラチョウの幼虫もいると言っていた。たぶん、突起の数や分かれ方で判断したのだと思う。私もそうなのかな、混ざっているのかなとちょっと思った。

元気にエノキの葉を食べる幼虫とその頭部
d0146854_9422255.jpg

d0146854_9441087.jpg

しかし、このころになると、背中の突起の対ははっきり4対になった。

まるまる太った終齢幼虫
d0146854_9434574.jpg

ここまで来ると、背中の突起も4対はっきりわかるし、腹端の突起も合わさっている。

蛹になる
d0146854_9471385.jpg

この蛹の形はアカボシゴマダラのものだ。

実は、初めに観察していた若木の幼虫は、どんどん数が減ってきて、鳥に食べられたのかなぁと思っていたのだが、たまたま通りかかった方が、何人かの人が枝ごと採って持っていったと教えてくれた。
なので、本当の意味では継続観察にはならなかったのは残念。
そういう事情があって、初めの幼虫たちのなかにゴマダラチョウが混ざっていた可能性はゼロとはいいきれない。しかし、ゴマダラチョウの幼虫だと識別できる個体は、その後まったく見られなかったので、可能性は極めて低いと思う。

今までは越冬幼虫からの観察しかしてこなかったので、卵からの成長過程があるていどわかってよかった。
そして、その段階での識別は素人にはなかなか難しいこともわかった。(専門家が見れば、簡単なことかもしれないが。)

それでもゴマダラチョウの卵からの成長過程を観察できれば、はっきりすることもあるかもしれない。

その前にまず、ゴマダラチョウが見たい!
[PR]

by 2008oharu | 2015-06-27 09:57 | | Comments(2)
Commented by at 2015-07-09 06:59 x
これだけ撮影してもらうと、よくわかりますね。
若齢幼虫では、尻の先端では判別しないほうが良いみたいですね。
あの観察会以来疑問でしたが、一つ賢くなりました、感謝です。

大勢の方が見る所での経過観察は難しいですね。
Commented by 2008oharu at 2015-07-09 08:52
秀さん、コメントありがとうございます。お戻りになられたのですね。持ち帰って飼育下で観察すればもっと確かなことがわかったのでしょうが、旅行の予定等もあり、自然状態の観察となりました。ゴマダラチョウも卵から観察してみたいです。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31