花とチョウ 在庫編

立冬も過ぎ、景色は次第に寂しい晩秋の気配が色濃くなってきた。
今まで写真は撮ったが、紹介しなかった花に来るチョウたちをアップして、名残を惜しみたい。

アカタテハ 8月の高原にて。
d0146854_10302570.jpg
d0146854_10303520.jpg

アカタテハは成虫越冬チョウだが、どんなところで越冬しているのだろうか。

アカセセリ? 同日場所
d0146854_10323634.jpg

アカセセリらしきチョウは夏の高原でときどき見かけるのだが、同定に自信はない。

チャバネセセリ 8月
d0146854_10341026.jpg

キアゲハ 9月 近所
d0146854_1035479.jpg

アゲハ 10月 近所
d0146854_10355348.jpg

ツマグロヒョウモンのオスとメス 10月 近所
d0146854_10363584.jpg

d0146854_10364756.jpg

ツマグロヒョウモンは、秋になると数が増えて目立つ。

ヒメアカタテハ 10月 近所
d0146854_10382361.jpg

ヒメアカタテハも秋になると急に目につくようななるチョウだ。

テングチョウ 10月 東京都低山にて
d0146854_10435518.jpg

テングチョウは成虫越冬。越冬前に栄養を補給するためだろうか、急にたくさん目につくようになる。

そして11月。
モンシロチョウ
d0146854_10394586.jpg

モンシロチョウは蛹越冬チョウだが、晩秋までけっこう活動している。
春のナナクサのはずのナズナの花とモンシロチョウの組み合わせは、季節感を狂わせる。

ベニシジミ
d0146854_10423470.jpg

こちらも、花はナズナでチョウは秋型模様。

キタキチョウやヤマトシジミもまだまだ活動していた。

これからは、フユシャクや越冬中の活動的でない昆虫が中心になってくる。
来春また、華やかな姿を見せてほしいものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2015-11-14 10:48 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31