ウスタビガ 2015

11月5日、ウスタビガの成虫がいたという連絡をいただいて、とるものもとりあえず駆けつけた。
なにしろ昨年は1頭もみることなく終わってしまったからだ。

2015年11月5日 都内の公園
d0146854_13345373.jpg

街灯の高い位置に止まっているメスだった。
とにかく今年はなんとか1頭見られたと一安心。

ウスタビガは、2012年にこの公園で見られることが初めて分かった思い入れのある蛾である。
数人の観察仲間の方々が情報を伝え合って、蛹や卵を見つけ、成虫がきっと見られるに違いないと待ち望んで見つけたものだ。
特に個人的には、一生に一度あるかと思われる羽化シーンを観察できて感動したものだ。

羽化シーンはこちら

しかし、2012年の秋には1日に15~6個体ものウスタビガが見られたのだが、年ごとに減ってきて、2014年にはついに私は1頭も見られなかった。見た方もいるので、絶滅したわけではないようだが、このままじり貧が続き、絶えてしまう可能性も否定できないと思われた。

今年はどういうことになるのだろうかと、その後も何回か通った。
結果、私個人は最初の日の個体と合わせて、4頭のメスを見つけられた。残念ながらオスには出遭えなかったが、見た方も何人かいるので、この地のウスタビガの命脈は保たれているようだ。

2015年11月11日のメス
d0146854_13474239.jpg

d0146854_13475687.jpg

ササの葉にからまる枯葉かと見間違えられそうな状態。
この個体を見たあと、枯葉がみんなウスタビガ見えてしまう。

同日別の場所のウスタビガ
d0146854_13494896.jpg
d0146854_13495997.jpg

街灯の傍のモミジは今までの観察でも発見しやすい場所だ。

11月17日のウスタビガ
d0146854_13511396.jpg

こちらも別の街灯の傍のモミジにて。

オスも見られなかったし、羽化や交尾、産卵などの様子も全く見られなかったが、今年も生息していることが確認できたので、来年を期待したい。
[PR]

by 2008oharu | 2015-11-25 13:56 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31