秋のツマグロヒョウモン

秋になると急にツマグロヒョウモンが目につくようになる。

10月14日 コスモスで吸蜜するツマグロヒョウモンのオス
d0146854_20472162.jpg

そして、オスがメスにアタックする様子もよく見られる。

9月29日 ぼろぼろのオスがメスにアタックしているが、交尾は成立しない。
d0146854_20491285.jpg

10月6日 キバナコスモスで吸蜜するメスにアタックしようとするオス
d0146854_20512674.jpg
d0146854_20513946.jpg

10月16日 コセンダングサの中でも
d0146854_20524839.jpg

しかし、どの場合も交尾は成立しない。
メスはもっと以前に交尾を済ませているのだろう。

以前撮った交尾シーン
d0146854_205417.jpg

これは9月16日だった。

蛹は9月15日に撮っている
d0146854_20552085.jpg

今見ているツマグロヒョウモンは、だいたい9月中旬ごろ羽化した個体なのだろうか。

さて、メスの産卵行動もよく目にする

10月4日 産卵行動をとるメス
d0146854_20565141.jpg

けれど、卵はなかなか見つけられない。

時には、こんな場所で産卵行動をとるメスもいる。
d0146854_20581053.jpg

傍には食草のタチツボスミレもたくさん生えているのに、わざわざこんな場所を選ぶのが不思議だ。

卵は結局自分では見つけられなかったが、みき♂さんが見つけたものを見せてもらった。
やはりスミレの葉ではにものに産み付けられている。

10月2日 ツマグロヒョウモンの卵(うまく撮れていないが)
d0146854_210193.jpg

孵化した幼虫が自分で食草を探すのだろうか。(ミドリヒョウモンのように樹の幹に産み付けるものもいる。)

これで、ツマグロヒョウモンは成虫・卵・幼虫・蛹の全ステージを見ることができた。
しかし、越冬はどの状態でするのだろうか。夏の間ツマグロヒョウモンをあまり目にしないのは、なぜだろうか。夏眠したりするのだろうか。年何化なのだろう。まだいろいろ疑問がある。

おまけ

初夏のツマグロヒョウモン(イボタノキの花を訪れたオス)
d0146854_2165896.jpg

天気の悪い日のツマグロヒョウモン
d0146854_2175617.jpg

[PR]

by 2008oharu | 2016-10-20 21:09 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31