新春第1弾 フユシャク亜科編

新春を迎えてすでに1か月が経ってしまった。(汗)
このブログを書くのは今年になって初めてになる。
長い越冬状態だったので、新年の挨拶をするのも気が引けるが、おめでとうございます。
ことしもよろしく。

こんなに長い間ブログをアップしなかったのは、地元のフィールドの昆虫の状況があまり芳しくなく、記事にしたいような観察ができないという理由もある。

とりあえず、その状況を書き留めておく。

昨年末までに出現したフユシャクは、クロオビフユエダシャク、チャバネフユエダシャク、イチモジフユナミシャクの3種だった。イチモジフユナミシャクはそれなりに見られたが、他の2種は数も少なかった。
そして、例年なら少なくともウスバフユシャクはいやというほど見られるはずなのに、今年に入ってからもなかなか出てこない。

他所で今年初めてウスバフユシャクを見たのは1月10日のこと。ここでは、数個体見られた。

d0146854_22350360.jpg
次の日の1月11日、地元でもやっと見ることができた。
d0146854_22350994.jpg
そして、月末の29日にやっと交尾ペアを見る。
d0146854_22375759.jpg
30日の交尾ペア
d0146854_22385523.jpg
脚がオスの翅の下からのぞいている。
d0146854_22394973.jpg

フユシャク亜科には他にクロテンフユシャク、ウスモンフユシャク、シロオビフユシャク、クロバネフユシャクなどが地元で見られるはずだが、それも今のところ極めて少ない。
d0146854_22413266.jpg
1月10日にやはり他所で見たシロオビフユシャク。地元ではオスは見ていない。
一応メスはいるので、出現はしているはずだ。

d0146854_22445165.jpg


シロオビフユシャクの卵と思われるもの
d0146854_22453463.jpg
クロバネフユシャクもオスは見ていない。
メスと思われるものが壁で産卵している。尾端の毛を卵に擦り付けている。(1月18日)
d0146854_22472259.jpg
あと見たのは、クロテンフユシャク(1月18日)ぐらい。
d0146854_22484310.jpg
なんとも寂しい状況だ。
他に、フユナミシャク亜科・フユエダシャク亜科のものも出現してきているが、それも少ない。
地元だけの状況なのか、それとも他所でも同じような状況なのか、知りたいところだ。















[PR]

by 2008oharu | 2017-01-31 22:55 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー