その後のフユシャク


この冬、地元の公園のフユシャクは種類も個体数も少なく、「あれが出てからブログを書こう」と思っていても、なかなか「あれ」が見つからなくてブログの更新も滞ってしまう。そろそろフユシャクも終盤なので、とりあえずここまでもまとめをしておこう。

ナミスジフユナミシャク

ナミスジフユナミシャクのオス 1月7日と1月12日 井の頭公園
d0146854_10150112.jpg
d0146854_10150861.jpg
同じ建物内にいたので、同じ個体かもしれない。

ナミスジフユナミシャクのメス 1月10日 井の頭公園

d0146854_10152382.jpg
他にも数個体見てはいるが、いずれにしてもちらほらという状況だった。そして、本来ならクロオビフユナミシャクも見られるはずなのに、私は見逃した。(見た人もみるようだ。)それだけ個体数が少ないということだろう。

シロフフユエダシャク

シロフフユエダシャクのオス 2月8日 井の頭公園

d0146854_10260068.jpg
同 2月4日 井の頭公園
d0146854_10265607.jpg
このころ、日中でもひらひら飛んでいる薄茶色い蛾がを何度が目にしたが、なかなか止まったところを見つけられず、正体がわからなかった。上の写真はやっと止まったところを見つけられたもの。シロフフユエダシャクだった。以前にシロフを撮ろうとしたら飛ばれてしまったこともある。昼間もわりと活動するタイプのようだ。

シロフフユエダシャクのメス 2月5日 井の頭公園
d0146854_10312601.jpg
同 2月20日 井の頭公園
d0146854_10320195.jpg

ヒロバフユエダシャク

ヒロバフユエダシャクのオス 1月29日 井の頭公園
d0146854_10335480.jpg
ヒロバフユエダシャクのメス 2月20日 井の頭公園
d0146854_10340332.jpg

オスとメスが見つかる時期がとても離れていて、個体数も少ない場合、うまく出会って子孫を残せるのかも気がかりだ。

このあと、シロトゲエダシャクやトギレフユエダシャクは果たして見られるだろうか。







[PR]

by 2008oharu | 2017-02-21 10:41 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31