越冬中の卵や幼虫など

近隣の公園でミドリシジミの卵が見られるとAさんから聞いて、行ってみた。

ハンノキに産み付けられたミドリシジミの卵

d0146854_10061846.jpg
d0146854_10062323.jpg
ハンノキの冬芽の近くに産み付けられている。新葉が伸びてくるころ孵化するのだろうか。
この公園はミドリシジミの成虫が見られる都内の公園で、以前に幼虫も見たことがあり、これで蛹以外の3ステージを見ることができた。ゼフィルスの卵としては、ウラゴマダラシジミ以来の2例目。
もっと身近なアカシジミやミズイロオナガシジミの卵も見てみたいものだ。

コムラサキの幼虫

d0146854_10150534.jpg
コムラサキは地元の公園やその近隣の公園でも見られるチョウなので、以前からときどき越冬幼虫を探していたのだが、一度も見つけられなかった。写真は埼玉県へ遠征したついでによった公園で、みき♂さんが見つけてくれたもの。話に聞いて想像していたものより大きく感じた。地元でもぜひ見つけたい。コムラサキは終齢幼虫・蛹は見ているが、卵は未見。

アサギマダラの幼虫(小さい方から順に)

d0146854_10211010.jpg
d0146854_10211602.jpg
d0146854_10212142.jpg
ここ2~3年、毎冬観察している場所で、今年も観察。ここは、アサギマダラの繁殖の北限になっていると思われる場所。けっこう寒く雪も降るのに生きていけるようだ。
12月にはまだとても小さかったが、少し成長してきている。この日は少し暖かい日だったせいか、少し動いてキジョランの葉を食べているように見えた。アサギマダラは卵・幼虫・蛹・成虫の全ステージを自然の中で観察できているが、幼虫の終齢をまだ見ていない。今年は見られるだろうか。

おまけ:ヤママユの繭(2個体)
d0146854_10225983.jpg
d0146854_10230532.jpg
こちらもプチ遠征先でみき♂さんが見つけたもの。
ヤママユは、卵と成虫は見ているが、蛹(繭)は初めて。幼虫もまだ見ていない。





[PR]

by 2008oharu | 2017-02-25 10:26 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30