丘陵地の春

地元では相変わらず、フユシャクも見られないし、チョウも飛ばない。
そこで、3月10日、一足先に春が来ている丘陵地へプチ遠征(例によってヘムレンさんとみき♂さんにお供して)。

ベニシジミ

日当たりのよい斜面では、すでにベニシジミが数頭羽化して活動していた。
それもいきなり交尾シーン。

d0146854_22013949.jpg
吸蜜シーンも。
d0146854_22013943.jpg
新生ベニシジミの春型は美しい。
d0146854_22014033.jpg
d0146854_22014029.jpg
モンキチョウ

新生モンキチョウはすでに見ているが、ここでも2頭ほど飛んでいた。
d0146854_22013910.jpg
ビロードツリアブ
チョウではないが、春を告げるアブのスプリングエフェメラル、ビロードツリアブも期待通り飛んでいる。
d0146854_22014063.jpg
トイレには、これも春の蛾、アトジロエダシャク
d0146854_22023016.jpg
スジグロシロチョウの蛹が2個、もうすぐ羽化しそうだ。
d0146854_22015242.jpg
アカボシゴマダラの幼虫も新芽の展開を待ち望んでいる。
d0146854_22014806.jpg
そしてコナラの枝には卵が。
d0146854_22015797.jpg
初めアカシジミの卵ではないかと思われていたが、ムラサキシジミではないかという意見も聞かれた。
卵はあまりにも小さくて、私のカメラTG-4では形から判別できるようには撮れない。
時期としては、卵越冬のアカシジミがふさわしいと思うのだが、成虫越冬のムラサキシジミだとしたら、孵化しなかった卵ということか。私にはなんとも判断できない。

地元の公園にも早く春が来てほしいものだ。




[PR]

by 2008oharu | 2017-03-12 22:17 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30