コツバメを待つ

スプリングエフェメラル第2弾。
数日前からコツバメが出ているというポイントへ、いつものメンバーでプチ遠征。
コツバメの食草アセビの花が咲いている場所へ着いたのは10時半過ぎ。
晴れているが風が強く、前回は他のチョウも吸蜜に来ていたらしいのだが、この日は全くチョウは飛んでこない。待ちくたびれて、あちこち散策したり昼食を調達したりして再び戻ってきてみると、ちょうど12時ごろ出たという。

それでもまた出てくるだろうと信じて待つこと30分ほど、願いかなって2回目の出現。
d0146854_11132846.jpg
アセビに止まったが、このカットのみですぐに飛んでいってしまった。
諦めきれずにさらに待つこと1時間弱、やっとまた飛んできた。同じ場所だ。今度は100mmマクロで撮った。
d0146854_11132979.jpg
もふもふ感がすごい。前脚で口吻をすりすりしている。汚れをとっているのだろうか。
やがて口吻を伸ばしてアセビの花の蜜を吸いだしたが、口吻が花茎の陰になってよく撮れなかった。
d0146854_11132897.jpg
一応今季初のコツバメが撮れたので、今回はよしとし、撤収した。

遠征先では、他にミヤマセセリ(吸蜜には間に合わなかった)、新生モンシロチョウ、スジグロシロチョウも撮れた。

ミヤマセセリ
d0146854_21153358.jpg
d0146854_21153325.jpg
モンシロチョウ
d0146854_21153241.jpg
d0146854_21153243.jpg
スジグロシロチョウ
d0146854_21153300.jpg
三寒四温の日々で予測がなかなか難しいが、少しずつ今季初撮りのチョウの種類が増えてきてうれしい。

[PR]

by 2008oharu | 2017-03-24 21:56 | | Comments(2)
Commented by クプクプ at 2017-03-26 16:30 x
おはるさん、こんにちは。コツバメのもふもふ感がすごいですね。肉眼ではわかりません。自然観察も日々、進歩しているのですね。
Commented by 2008oharu at 2017-03-26 20:44
クプクプさん、コメントありがとうございます。早春に出てくる蝶は一際もふもふしているようですね。デジカメの進歩で、虫眼鏡で見るように細かいところまで写せるようになり、わかることが増えてきましたね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31