トラフシジミとツマキチョウ

今季のツマキチョウを初めて目にしたのはずいぶん早い3月19日(初夏の陽気の日)だったが、その後全く見られず、あれはフライイング羽化だったのかもしれない。地元の公園でよく見られるようになったのは、やはり4月10日過ぎだった。でも、なかなか写真に収まってくれない。

4月13日、またヘムレンさん・みき♂さんに誘われて、丘陵地へプチ遠征。私の第一の目当てはツマキチョウを撮ることだった。

暖かいようでもまだ日差しが弱いのか、なかなかチョウが動き出さなかったが、昼過ぎなってやっと飛ぶようになり、もしかして見られるかと思っていたトラフシジミが先ず見られて一同大満足。

d0146854_20442117.jpg
d0146854_20442123.jpg
d0146854_20442079.jpg
羽化したてなのか、ほとんど飛び回ることなくひたすらハコベで吸蜜。じっくり撮らせてもらえた。春型のトラフシジミはなかなか美しい。

さて、肝心のツマキチョウはというと、諦めて帰る頃、遠くのムラサキハナナの近くを飛んでいるのが目に入ったのみ。
d0146854_20474169.jpg
しかし、ツマキチョウはこれからいくらでも見られるはずなので、それほど落胆したわけではない。

地元に帰って、次の日(4月14日)、とりあえずムラサキハナナで吸蜜するオスをカメラに収めることができた。

d0146854_20474222.jpg

4月16日にはムラサキケマンで。
d0146854_20474152.jpg
d0146854_20474242.jpg
まだ、メスは撮れていないし、交尾や産卵シーンも撮りたいし、何よりもまだ一度も観察できない幼虫を見ることが今後の課題だ。






[PR]

by 2008oharu | 2017-04-18 20:54 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31