ルリイトトンボとオオルリボシヤンマ

2000m級の高原のイトトンボ、ルリイトトンボ。昨年ヘムレンさん、みき♂さんと探しにいったときは、時期が違っていたのか、見られなかった。今年もリベンジ。

いました!

ルリイトトンボ
d0146854_09460831.jpg
池に向かう途中の道にすぐに見つかった。あっちにもこっちにも。足元にもいて踏んでしまいそうなくらいだ。
d0146854_09460942.jpg
高原の清んだ空気の中で、るり色が鮮やかだった。
ほとんどがオスで、単独のメスは見当たらなかった。
池に出ると、尾つながりのペアはいたので、メスもどこかにはいたのだろう。
d0146854_09460997.jpg
尾つながりのペアが交尾に至る様子を観察していたが、どのペアも交尾には至らなかった。
d0146854_09460908.jpg
産卵の様子も見られなかったが、ちょっと衝撃的なシーンは目にした。
d0146854_09461629.jpg
ルリイトトンボを貪るアキアカネ。

オオルリボシヤンマ
d0146854_09561031.jpg
産卵するメスを監視するオス

オオルリボシヤンマは昨年も目にしたと思うが、やはり数が今年の方が圧倒的に多い。特にメスがあっちでもこっちでも産卵していた。
d0146854_09561291.jpg
d0146854_09561238.jpg
d0146854_09561273.jpg
オスは、メスを追って飛び回ったり、メスの産卵を警護していることが多く、なかなか撮れない。
d0146854_09560982.jpg
無理やりカメラに収めたのは、これくらい。
d0146854_09561021.jpg
ついでにメスの飛翔(ご愛嬌)
d0146854_09560951.jpg
この池にはタカネトンボも飛んでいた。
これもご愛嬌写真
d0146854_10014531.jpg
追記:
清んだ高原の池には、ゲンゴロウも泳いでいた。
d0146854_10024056.jpg
心配していた天気もまずまずで、高原のトンボたちを満喫できた日だった。
ヘムレンさんお世話様でした。




[PR]

by 2008oharu | 2017-08-13 10:06 | 蜻蛉 | Comments(2)
Commented by ヘムレン at 2017-08-13 10:38 x
先日はお疲れさまでした。
なにはともあれ、目的が見られてよかったです。昨年は天気が悪すぎましたかね(^^;
瑠璃色が濃いルリイトトンボ、毎回嬉しい出会いです。アキアカネのシーンはショッキングでしたね(^^;
今年は池の回りでムツアカネが見られなかったのがちょっと残念でしたが、オオルリボシヤンマがあれだけいると迫力満点でした(*^^*)
お疲れさまでした。
Commented by 2008oharu at 2017-08-13 22:13
ヘムレンさん、お世話様でした。たくさん撮ったわりには大した写真が撮れていないのは、いつもの私の例です。でも見られて堪能できました。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30