秋と言えば、赤トンボ

赤トンボ(アカネ属)は秋の代名詞のようなトンボだが、種類によって実はずいぶん違いがある。

今年出会ったアカネ属から。

真っ赤になったナツアカネのオス(9月26日栃木県)
d0146854_09234466.jpg
ナツアカネは地元でも見られるが、これほど真っ赤になった個体にはなかなか出会わない。

ネキトンボのオス(10月5日埼玉県)
d0146854_09235075.jpg
ネキトンボは、羽化してわりとすぐに赤くなるタイプ。翅の一部雄赤い。地元でもときどき目にするが、あまり多くない。

キトンボ(10月5日埼玉県)
d0146854_09235563.jpg
キトンボは地元では見られない。翅の半分ぐらいが橙色。

ミヤマアカネ(10月5日埼玉県)の交尾
d0146854_09240490.jpg
オスは縁紋が赤くなる。ミヤマと名前がついているが、東京都の低山地・丘陵地でもよく見られるし、たまに地元三鷹市の公園でも目にすることがある。

マイコアカネのオス(9月26日栃木県)
d0146854_09242518.jpg
マイコアカネも地元の公園で見たことがあるが、最近は見つからなくなった。

マユタテアカネの交尾(10月9日東京都の丘陵地)
d0146854_09241416.jpg
マユタテアカネは、地元の公園でもとても多く見られる。メスは翅の先が黒くなる個体もいる。

ノシメトンボのメス(9月26日栃木県)
d0146854_09245654.jpg
これはメスなので赤くないが、オスもあまり赤い色にはならない。以前は地元でもたくさん目にしたが、最近はあまり見られなくなったような気がする。成熟したオスには今季であっていない。

コノシメトンボのオス(8月6日東京都三鷹市)
d0146854_09245161.jpg
これは、8月の個体なので、あまり赤くなっていないが、成熟するともっと真っ赤になる。今季は成熟した個体には出会っていないので。

そして、アキアカネ(9月15日東京都三鷹市)この日はまだ暑い日で、逆立ちしていた。
d0146854_09490293.jpg
メスは赤くない。(同日同場所)
d0146854_09551491.jpg
アキアカネは地元では6~7月に羽化した後、高度の高い地域に移動してしまう。そして9月になると赤く成熟した個体がまた移動してくる。集団で移動してくるようで、アキアカネが一気に増える。
d0146854_09252472.jpg
10月5日埼玉県の個体
d0146854_09484499.jpg
9月30日山梨県の個体。低地に下りずに高地で繁殖する個体もいるらしい。

昨年はアカネ属なのに黒い色のムツアカネや顔の白っぽいヒメアカネも見た。














[PR]

by 2008oharu | 2017-10-13 10:01 | 蜻蛉 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30