ツメレンゲの花とクロツバメシジミ

準絶滅危惧種のクロツバメシジミは、昨年の10月7日に初めて見た。この日は、成虫の交尾、産卵、卵、幼虫、蛹のほぼ全課程を1度に見ることができて大満足だった。
ただ一つ、ツメレンゲの花が咲いていなかったので、花で吸蜜する場面を撮りたいというみき♂さん・ヘムレンさんにおつき合いさせてもらって、今年は1か月遅れの11月7日にでかけた。

ツメレンゲの花に来たクロツバメシジミ
d0146854_22053705.jpg
d0146854_22054698.jpg
結論から言うと、ツメレンゲの花は予想に違わず咲いていたが、クロツバメシジミがはっきり吸蜜しているシーンは撮れなかった。花に来ているクロツバメシジミは、どちらかというとやはり産卵目的であることが多いからだ。

産卵するクロマダラシジミ
d0146854_22055012.jpg
それと、成虫自身があまり新鮮な個体ではなく、擦り切れているものが多かった。

それでも、今回も幼虫や蛹は見つかった。

蛹化するために動く幼虫
d0146854_22055999.jpg
蛹化準備(上と同じ個体)
d0146854_22055856.jpg
前蛹(別個体。体に糸が掛けてある)
d0146854_22055832.jpg

d0146854_22055742.jpg
他にも、色が変わってきている蛹がいくつかあり、これからさらに新生成虫が羽化するらしい。

ツメレンゲの花はなかなか可憐だった。

つづく。



[PR]

by 2008oharu | 2017-11-14 22:14 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31