羽化が始まったが…。

これからの季節、蝶好きの人が待ち望んでいるのは、
ゼフィルス(ラテン語で西風という意味だそうだ)の羽化開始だ。
日本には25種ぐらいのゼフィルスがいるそうだが、
私が見たことがあるのは、アカシジミ・ウラナミアカシジミ・ミズイロオナガシジミのたった3種。
近所の公園でも見られる普通種だ。
(詳しい人によれば、ミドリシジミも見られるそうだが。)

d0146854_202037.jpg

↑2008年5月19日。玉川上水縁にて。

さて、昨日の夕方、いつものマイフィールド、玉川上水を家へ向かって歩いていた時、
草陰にオレンジ色が見えた。
時期が早すぎるが、もしかしてと思ってそっと近寄ると、
やはりアカシジミだった。
しかし、様子がおかしい。
よく見ると、翅が片方しかなく、もう一方は、蛹の殻の中に入ったままのようで、
蝶は動けないみたいだ。
思わず蛹の殻を割って、もう一方の翅を出してあげたが、時すでに遅し。
翅は丸まった状態で固まっている。
蝶は動けるようになったが、もちろん飛ぶこともできず、落ちてしまった。
手のうちようもなく、その場をあとにする。

それでも、アカシジミの羽化が始まっているとわかって、
道々かなり注意をして歩いた。
井の頭の三角公園まで来たとき、道端の小石の上にオレンジ色のものが!
なんと、またしてもアカシジミだ。
今度こそ無事に羽化した個体だろうと近づくと、これもおかしい。
一方の翅がほとんどないと言えるほど千切れている。

↓2008年5月19日。井の頭三角公園にて。
d0146854_20234199.jpg

↓千切れた羽の方から見た様子。飛べないので私が木の上に置いた。
d0146854_2024331.jpg


どちらも子孫を残すことも無く、はかない命を終えることだろう。
偶然の事故なのか。
早く羽化しすぎたとか、何か正常な羽化を妨げる要因があったのか。
それは知る由も無いが、ゼフィルスの羽化開始は悲しいスタートだった。

今後は正常な羽化が続いてほしい。
d0146854_20283895.jpg

↑2005年6月12日。玉川上水縁のアカシジミ。
[PR]

by 2008oharu | 2008-05-20 20:34 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31