番外編①

いつもは近所の公園で虫撮りをしているのだが、
ときどき違う環境で近所では見られない昆虫も見たくなる。

今お気に入りは、裏高尾の小下沢林道。
昨年バードウォッティングが目的で行ったとき、ウスバシロチョウがたくさんいるのを知って、
蝶を中心に沢や林道を生息場所にする昆虫を何度か見に行くようになった。

ここは、昆虫好きの人には人気のスポットらしく、
今時珍しい捕虫網を持った人にも出会うことがある。

先ずは、昨年と今年見た、近所では見られない蝶を。

↓ウスバシロチョウ
d0146854_20255760.jpg

d0146854_2026123.jpg

年1化性で、4月~5月にしか見られない。
シロチョウと名づけられているが、アゲハの仲間。
幼虫の食草はムラサキケマン。卵で越冬。
ゆるやかに飛ぶので、飛翔写真に挑戦したが、惨敗。
下の写真は交尾嚢をつけたメス。
高原などでも見られる。

↓サカハチチョウ
d0146854_2032696.jpg
d0146854_20321976.jpg

この林道にはとてもたくさんいる。
初めて見たときは夢中で何枚も撮ったが、
次から次に見られるので、最後は「なんだサカハチチョウか。」と無視するようになった。
この写真の翅の模様は春型で、夏はもっと単純になるそうだ。
夏にも(暑いけど)行ってみたい。
タテハチョウの仲間。年2化性。食草はイラクサ科。蛹で越冬。
[PR]

by 2008oharu | 2008-05-24 20:50 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31