コスカシバ

d0146854_2133624.jpg

↑コスカシバ。2008年6月20日。立野公園にて。
わかっているはずが、やはり一瞬蜂だと思ってしまう。
見事な擬態だ。
しかも、翅が透き通っていてなかなかきれいな蛾である。

しかし、この蛾の幼虫は果樹の大敵らしい。
今年の冬、高尾の多摩森林科学園に行った時、
ガイドの方からディスペンサーによる駆除の方法を教えていただいた。
雌雄間のフェロモンによる交信を撹乱して、増殖を抑えるというものだ。

d0146854_21394251.jpg

↑ディスペンサー。この紐のようなものに合成フェロモン成分が封入されている。
これを利用して以来、被害は急激に減少しているそうだ。

コスカシバは善福寺公園でも見たことがある。
都市公園では、樹木への大きな被害は問題になっていないようだ。

同じスカシバの仲間に、コシアカスカシバというのがある。
これも以前に善福寺公園で見た。
この姿を見たら、たいていの人は蜂、それもスズメバチだと思ってしまうにちがいない。

d0146854_21501393.jpg

↑コシアカスカシバ。2004年8月21日。善福寺公園にて。
[PR]

by 2008oharu | 2008-06-24 21:52 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31