6月の蛾②

ホタルガ
d0146854_2161856.jpg
d0146854_2162910.jpg

↑ホタルガ 2008年6月28日。玉川上水縁。
6月15日のブログに、今年はホタルガをまだ見ないと書いたが、
その後6月21日に玉川上水で見つけた。
その時はカメラを持っていなかったので、写真には撮れなかったが。
今日はほぼ同じ場所で2頭見た。
コンデジでぎりぎりに近づくと、飛んだ。ホタルガが飛ぶのを初めて見た。
大きさ25~27mm。幼虫の食樹はヒサカキ等。
家にヒサカキがあり、庭で成虫をみたこともあるのだが、幼虫はまだ見たことがない。
幼虫の分泌物に触れると軽いかゆみを発症するらしい。
成虫の出現期は、6-7月と8-9月の2回あるようだが、私はいつも6月に見る。

アゲハモドキ
d0146854_21164726.jpg

↑アゲハモドキ。高尾の森林科学園にて。
図鑑やネットで見て、一度は実際に見たいと思っていた蛾。
ジャコウアゲハに擬態していると言われている。
裏から見ると、腹の部分もジャコウアゲハのように赤いらしい。
川の対岸の木の葉の上にべったりとついていたのを、望遠レンズで撮ったので、
この姿勢のカットしか撮れなかった。
開長55-60mm。実際のアゲハよりはかなり小さい。
6月と8月に出現するとある。
幼虫の食樹はミズキなどだが、近所の公園では、見られないようだ。
↓本家のジャコウアゲハ(メス)。開長100-110mm。
d0146854_21224923.jpg


ギンスジアオシャク
d0146854_21262559.jpg

↑高尾の森林科学園にて。
昆虫図鑑のシャクガのページに4種類のアオシャク(緑色のシャクガ)が載っている。
それを見ながら、とてもきれいなのでぜひ一度実物を見てみたいと思っていた。
園内の小道を歩いていると、前方を横切って飛ぶものがあったので、
何だろうと止まったあたりを探すと、この蛾がいた。
2~3cmの小さな蛾だが、まぎれもなくアオシャクの仲間だ。
逃がさないようにまず遠くから撮り、少しずつ寄って、接写した。
ぜんぜん逃げなかった。
家に帰って図鑑と見比べたが、図鑑に載っている種類ではなかった。
ネットでいろいろ探して、やっとギンスジアオシャクであることがわかった。
出現期は6-9月。食草はクサイチゴなど。
低~中山帯に生息とあるので、近所の公園では見られないだろう。
他のアオシャクも見たいものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2008-06-28 21:37 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31