クロコノマチョウのその後

幼虫がたくさん見つかったクロコノマチョウ。
その後どうなるのか気になって、1週間ぐらいごとに観察に行っていた。
初めの1週間後、幼虫の数がますます増え、終令かと思われる大きな幼虫も増えた。

d0146854_174364.jpg

↑2008年6月24日。大きくなった幼虫。

こんなにたくさんの幼虫が無事成長しているのなら、
そのうちススキというススキに蛹がぶら下がっている光景が見られるかと期待。

次の週に勇んで行ってみると、期待は見事裏切られ、蛹は見当たらないのはもちろん、幼虫も2~3匹しかいない。かろうじて、前蛹状態のものが1匹見つかった。

d0146854_17461823.jpg

↑葉からぶら下がっている前蛹状態の幼虫。2008年7月1日。

しかし、頭に白い粒みたいなものがついているのが気になる。
どっちにしても、そんなにたくさんの幼虫が無事に成虫まで育ってしまったら、自然界のバランスが壊れてしまうのだろう。幼虫を捕食するもの(鳥とかアシナガバチなど)に捕られてしまうものも多いにちがいない。

さて、今日また行ってみた。
そして、やっと蛹を発見した。

d0146854_17491543.jpg

↑中の蝶の体が透けて見えるので、羽化間近と思われる蛹。
d0146854_17492978.jpg

↑脱殻と思われる。

毎日この公園に通っている方にうかがったところ、公園を管理している方が、蛹を2頭持ち帰って羽化を待ったが、どちらも寄生されていたそうだ。
ここでも淘汰され、ますます数は減っていくが、それでも昨日は3頭のクロコノマチョウが見られたそうだ。
そして、私も1頭の成虫を見ることができた。

d0146854_17531456.jpg

↑2008年7月11日。クロコノマチョウの成虫。

地味な蝶だが、翅を開くと前翅に黒い目玉模様があるはずなので、それを見てみたいものだ。

前回のクロコノマチョウの記事
[PR]

by 2008oharu | 2008-07-11 18:00 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31