アカタテハ

d0146854_20321329.jpg

↑越冬中のアカタテハ。井の頭小鳥の森。2003年12月30日。

アカタテハを初めて撮ったのは、上の写真。
足元の枯れ葉の上で翅を広げて日光浴している越冬中の成虫だった。

アカタテハはそれほど珍しい蝶ではないはずだが、その後なかなか目にするとがなく、
マイフィールドにはあまりいない蝶なのではないかと思っていた。
別のところでもたまに目にすることはあっても、そう多くはないし、カメラを持っていないときが多く、上の写真以外、長いことカメラに収めることができなかった。

この夏高尾にオオムラサキを見に行ったとき、同じ木の樹液を吸いに来ていたアカタテハを、ほんとに久しぶりに見、初めて裏翅をカメラに収めることができた。
なかなか複雑な模様である。
↓アカタテハの裏翅。2008年7月19日。高尾山にて。
d0146854_20385549.jpg


玉川上水縁には2~3箇所、カブトムシを呼び寄せるためか蜜のようなものが塗りつけてある木がある。
そこには昼間はカナブン・スズメバチとともに、ルリタテハ・アカボシゴマダラ・ヒカゲチョウなどが蜜を吸いに来ている。
昨日は、そこに見慣れない蝶が来ていると思いカメラに撮って見たら、アカタテハだった。
マイフィールドでは5年ぶりに見たアカタテハだ。
今日も別のところにで見たが、たぶん同じ個体だろう。
たくさんのカナブンが集まっているところへ飛んできて、カナブンを押しのけるようにして蜜を吸いだした。
↓2008年7月31日。玉川上水縁にて。
d0146854_20473660.jpg
d0146854_2048571.jpg


幼虫はイラクサ科やニレ科を食草としているそうだが、マイフィールドのどのへんで繁殖しているのか探してみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2008-07-31 20:53 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31