キタテハの産卵

d0146854_09411.jpg

↑キタテハの産卵。玉川上水縁のカナムグラに。2008年8月15日。

↓産み付けられた卵。
d0146854_011955.jpg


キタテハはこれから秋まで多く見られる蝶だ。

玉川上水縁にはカナムグラが生えているところがあちこちにあり、
産卵に来るキタテハの成虫や、幼虫もよく見られる。
ただし、はびこるつる性の雑草なので、突然人間に抜かれてしまうという危険はある。
先日まで観察していた幼虫のついていたカナムグラは、
旅行から帰ってみると、すっかり刈り取られていた。
↓孵化したばかりのキタテハの幼虫
d0146854_0252255.jpg

↓カナムグラの葉がこのようになっていたら、キタテハの幼虫がいる可能性が強い。
d0146854_0244425.jpg

↓葉の中にいるキタテハの幼虫。
d0146854_0245656.jpg

↓キタテハの蛹
d0146854_0254561.jpg


この普通種の蝶がいつまでも普通に見られるように、
カナムグラも少し蔓延るのを許容してもらいたいものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2008-08-16 00:30 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31