今年目立つもの①アケビコノハ

鳥にしても昆虫にしても、同じ場所で何年か観察していると、今年○○が少ないとか、○○が異常に多いとかいう現象が目に見えてくる。

蝶で言えば、昨年はナガサキアゲハが急に目だってきたし、今年はアカボシゴマダラだ。
それぞれ、目立ってきた原因がわかるものもあれば、その時はわからなくても、あとになって、理由が見えてくる場合もある。だから、観察を続けるのが大事なのだろう。

以前勤めていた職場にはアケビがあった。
職場の仲間は、アケビの実が成らないことを嘆いていたが、私は毎年チェックしてもアケビコノハが見られないのが残念だった。

ここ何年か観察を続けている小鳥の森周辺にも、アケビのつるがあちこちに見られるので、時々思い出してはアケビコノハの幼虫が見られないかチェックしてきた。でも、なかなか見つからなかった。

先日、別のものを目で追っていて、ふと見ると、アケビコノハの幼虫が目に入った。

↓アケビコノハの幼虫。小鳥の森側の玉川上水縁。2008年7月31日
d0146854_11173955.jpg


しばらくして、鳥見仲間たちからもアケビコノハの幼虫を見たと連絡があり、行ってみると、私がみたのと違う個体だった。
やがて、小鳥の森周辺には何個体もアケビコノハの幼虫がいることがわかった。

↓若令のアケビコノハ。驚かさないときは、長く伸びている。2008年9月2日。小鳥の森周辺
d0146854_11465885.jpg

↓アケビの葉を食べるアケビコノハ。2008年9月5日。小鳥の森周辺。
d0146854_11471383.jpg


そのうちのいくつかは、蛹になった。
↓アケビコノハの蛹。綴られた葉に間に。2008年8月15日。
d0146854_11244671.jpg


残念なことに、未だ羽化の様子や、成虫が見られない。
まだ蛹が残っているので、なんとか見てみたいものだ。

先日、善福寺で野草園の世話をしている方とお話しする機会があり、その方から、善福寺でもアケビコノハの幼虫がこの夏たくさん見られたとお聞きした。

さらにびっくりしたことには、善福寺のアケビコノハの幼虫は、ヒイラギナンテンを食樹としていたということだ。ネットで調べてみると、確かにアケビコノハはヒイラギナンテンにもよくついているらしい。

私の思い込みで、アケビしかチェックしてこなかったのだが、もしかしたら、ヒイラギナンテンには、今までもずっとアケビコノハが繁殖していたのかもしれない。
そうだとすれば、アケビコノハが今年特に目立つとは言い切れないことになる。

これからは、ヒイラギナンテンもチェックして、アケビコノハの繁殖に波があるのかどうか確かめてみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2008-09-08 11:56 | | Comments(2)
Commented by itotonbosan at 2013-12-20 08:05 x
私はアケビコノハを見つけたとき,
何故こんな所に枯れ葉があるのだろうと思いました。
よく見たらアケビコノハだったので驚きました。
後翅の黄色が鮮やかで,また驚きました。

幼虫も運良く見つけました。
目玉模様が2対もあってまたまた驚きました。

アケビコノハとの出会いは驚きの連続でした。
Commented by おはる at 2013-12-20 13:47 x
アケビコノハはインパクトのある昆虫ですね。MFでもこの幼虫を見て昆虫に興味を持つようになった方がいます。最近少なくなったようで、ちょっと残念です。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31