ウリキンウワバ

2008年9月17日。井の頭公園・小鳥の森で、こんな幼虫を見つけた。

d0146854_2110186.jpg


写真はとても酷く、わかりにくいが、右の方に黄緑色の頭があり、茎にかじりついている。
背中には白いトゲトゲがある。
初めて見る幼虫だった。
家に帰ってまた図鑑やネットで調べる。カラスウリについていたことが参考になる。
ウリキンウワバという蛾の幼虫であることがわかった。

さて、今日(2008年9月26日)のこと。
マイフィールドの通り道に、フェンスにカラスウリやヤブカラシなどが盛大にからみついているお宅がある。カマキリやスズメガの幼虫の宝庫なので、いつもそっと目を向けながら通るのだが、
今日は、カラスウリの葉陰に、何か虫がついているのを発見。

自転車を止めて、葉をめくってみると、蛾が羽化したところのようだ。
横に繭に包まれた蛹の脱殻がついている。
(このとき、家の方らしきお年を召したご婦人が通られたので、「すいません。」とか口走ってしまった。何がすいませんなのかわからないが…。ご婦人はちょっと不審気な表情で通り過ぎていかれた。まったく、自分でも怪しいと思う。)

d0146854_21192830.jpg
d0146854_21194135.jpg


上がその写真。このような形の蛾は「○○ウワバ」である可能性が強い。それにウリ科のカラスウリから羽化している。
その辺をたよりに検索してみると、なんとウリキンウワバの成虫らしい。
この写真ではとても地味な色だが、光の当たり具合によると、金色に光る部分があるらしい。

幼虫と成虫をこのように続けて見つけられるとはラッキーだった。
[PR]

by 2008oharu | 2008-09-26 21:24 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31