イラガの幼虫たち

ここのところ、イラガ類の幼虫を続けて発見。

↓ヒロヘリアオイラガの幼虫。 善福寺。2008年10月1日。
d0146854_22233626.jpg


イラガの幼虫の毛が刺さると、とても痛いらしいが、このヒロヘリアオイラガは、
繭にも刺があるそうだ。
フェンスについていたのだが、葉から落ちたのか、それとも這ってここまで動いてきたのか。

↓アカイラガの幼虫。玉川上水縁。2008年10月3日。
d0146854_22261623.jpg


アカイラガは、弱令幼虫を前に見ている。
↓井の頭公園。2007年10月21日。
d0146854_22273824.jpg


上水のアカイラガの幼虫もフェンスについていた。やはり何か意味があるのだろうか。

イラガの仲間では、あと、クロシタアオイラガの幼虫を見たことがある。
↓クロシタアオイラガ。2006年7月30日。神代植物園
d0146854_2232225.jpg


一番有名なイラガは、ときどき柿などをチェックしてみているが、実はまだ見たことがない。
東京では少なくなっているのではないかと勝手に想像している。

イラガの幼虫は刺されると痛いことで有名だが、透き通った緑色がなかなかきれいで、
見つけるとついうれしくなってしまう。
[PR]

by 2008oharu | 2008-10-03 22:38 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31