スジグロシロチョウとヒメオドリコソウ

今年はモンシロチョウの初見も遅かったが、このスジグロシロチョウはもっと遅い。

↓今年初めて見たスジグロシロチョウ。2009年3月29日。玉川上水縁。
d0146854_20213666.jpg

d0146854_20215383.jpg

スジグロシロチョウが、ヒメオドリコソウで吸蜜するのは初めて見た。
一面にヒメオドリコソウが咲いているところで、あちこちに行っては吸蜜していたので、
好みの味なのかもしれない。
頭を突っ込みそうなぐらい花びらに近づけて、口吻を差し入れている。
しかし、花の大きさと蝶の大きさのバランスはあまりよくない。
果たして蝶は、ヒメオドリコソウが来訪を期待している昆虫なのだろうか。

d0146854_20221239.jpg

[PR]

by 2008oharu | 2009-03-30 20:30 | | Comments(2)
Commented by クプクプ at 2009-03-31 06:54 x
おはるさん、おはようございます。ビロードツリアブもスジグロシロチョウも自然に写せていますね。実物を見ているようです。

ヒメオドリコソウはわかりませんが、ホトケノザのポリネーターはニッポンヒゲナガハナバチのオスです。狭山丘陵であの花に頭を突っ込んでいるところをこの目で見ました。うそじゃありません。信じてください。

このあたりが植物も昆虫も在来種というところの自然のすごさだと思いました。もしかしたら共進化なのかもしれません。なお、メスは大きくて蜜を吸うのは無理だと思っています。
Commented by おはる at 2009-04-01 21:29 x
ポリネーターがオス限定なんて、不思議ですね。
田中肇さんは、ホトケノザに昆虫が来ることはきわめて稀で、通常は閉鎖花で増えるというようなことを書かれていたように思います。
それでも、シロスじヒゲナがバチが一度蜜を吸いにきたのを見たことがあるとか。
私も、ホトケノザに昆虫が来ているところは、まだ見たことがありません。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31