スプリング・エフェメラルを求めて ミヤマセセリ

早春の蝶の一つ、ミヤマセセリは今まで見るチャンスがなかった。
昨年もトライしたのだが、時期が合わなかった。
今年こそはとネットで情報を探し、そろそろ出ているはずと3月30日に行ってみた。
しかし、見られたのは、成虫越冬チョウばかり。
そして、昨日平地性のツマキチョウが一斉に羽化したので、
今度こそと今日も行ってみた。
初めは蝶の影がほとんどなかったが、コツバメを見られて、一気にテンションがあがる。
そして、次にコツバメかなとカメラを向けたら、ミヤマセセリだった。

↓ミヤマセセリのオス。2009年4月8日。裏高尾方面
d0146854_22294732.jpg

人が撮った写真を見ると、たいていダイミョウセセリのように翅を広げているものが多い。
こういう止まり方が特徴なのかなと思っていたが、そうでもない。

↓セセリチョウ止まりのミヤマセセリ。同日同場所
d0146854_22322685.jpg
d0146854_22323647.jpg

あと、なんとか裏翅も撮りたいといろいろ挑戦。

↓ミヤマセセリの裏翅。
d0146854_22323117.jpg
d0146854_22324154.jpg

満足できる写真ではないが、初撮りなので、よしとする。

↓こんなぼろぼろの個体もいた。
d0146854_22351169.jpg


ミヤマセセリは年1化。幼虫越冬で、幼虫の食樹はブナ科のコナラやクヌギだそうだ。
枯れ葉似ついて地面で越冬するのだろうか。いつ、どんな時点で蛹になるのだろう。
疑問はたくさんある。
[PR]

by 2008oharu | 2009-04-08 22:40 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31