謎の幼虫

サクラの木には、いろいろな虫がいる。
特に今の時期は、幼虫がうようよ。木の幹を見ているだけで、何種類か見つかる。
その中で、写真のような幼虫が、木の幹を下から上へ上っていた。

↓謎の幼虫。2009年4月26日。井の頭公園(写真横転)
d0146854_2335381.jpg
d0146854_23351318.jpg


2頭いて、写真は別の個体。
形はシジミチョウの幼虫に似ているが、やや大きい。背中に4つの刺のようなものが出ている。

家に帰ってシジミチョウの幼虫をキーワードにして、図鑑やネットで調べてみた。
形や模様などが一番近いのは、ウラナミアカシジミだった。

しかし、問題は、ウラナミアカシジミの幼虫の食草は、ブナ科で、サクラではないということだ。
この問題を解決するには、持ち帰って育ててみるのが一番なのだが、
翌日見に行ったら、もう見当たらなかった。
(観察しているときでさえ、みるみる上へ上っていってしまった。)

予想としては、
1.ウラナミアカシジミではない。
2.ウラナミアカシジミが蛹になるため、あえて食草でない木に上った。
3.ウラナミアカシジミはサクラも食草とする。

正解がお分かりの方がいらしたら、ぜひ教えてください。
[PR]

by 2008oharu | 2009-04-28 23:44 | | Comments(2)
Commented by クプクプ at 2009-04-29 07:59 x
おはるさん、おはようございます。さすがおはるさんですね。予想2でしょう。蛹になるために、おそらく、幼虫時代の排泄物もすべて出し切って、場所を探しているのでしょう。私はこのステージの呼び方がわかりません。おそらく、老熟幼虫というのでしょうか。ちょっと違う気もします。

ウラナミアカシジミは1メートル半くらいの幼木が大好きです。それもコナラよりもクヌギを特に好みます。幼虫は終令の前までは葉に巣を作って生活します。何令が終令か忘れましたが、終令になると巣を作るのをやめます。

いきなりで申し訳ないのですが、ゆっくりでいいので、青木先生の「幼虫図鑑」に登録していただけないでしょうか。そうしたら私が成虫を投稿しますので。

それと、おはるさんとの関係も、今の状態ではさびしくなってきました。マニュアル本とか読んで、メールを覚えようと思っています。鳥についてお伝えしたい場所があるのです。
Commented by おはる at 2009-04-29 20:59 x
クプクプさん、コメントありがとうございます。
写真の幼虫は、ウラナミアカシジミであると考えていいのですね。
そうだとしたら、成虫は何度も見ていますが、幼虫は初めてなのでうれしいです。
メールは、そんなに難しくないので、ぜひ覚えてください。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31