カラスアゲハのメス

アゲハチョウは、写真に撮るのが難しい。
飛び方は速いし、なかなか止まらないし、蜜を吸っているときも小刻みに翅を動かす。
そのため、観察していても、証拠写真はなかなか撮れない。
特に、黒いアゲハは、飛んでいるのを見ただけではなかなか判別できないことが多い。
写真に撮って、翅の模様や形を調べてやっとわかるということがよくある。

↓黒いアゲハ。2009年5月1日。茨城県方面
d0146854_2132489.jpg
d0146854_2133542.jpg
d0146854_213433.jpg


上の写真は、ピントもよくあっていないのだが、前翅に白っぽい帯が目立ち、後翅に赤い班が並んでいて、尾状突起は長めなので、カラスアゲハのメスだろう。
(オスだったら、青く光るので見間違えにくいのだが。)

今日はモンキアゲハが善福寺で飛んでいたし、
4月30日に飛んでいたのは、尾状突起のないナガサキアゲハだった。
クロアゲハは4月10日には見ている。
また、4月22日にはアオスジアゲハも飛んでいた。
しかし、これらの証拠写真はまだ撮れていない。
[PR]

by 2008oharu | 2009-05-02 21:11 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31