5月の蝶たち@林道 ②

裏高尾の林道で見られた蝶たちのうち、都市公園でも見られる蝶。

↓ツマキチョウ♂
d0146854_20171585.jpg

都市公園では、もうほとんど見られなくなったツマキチョウのオス。
よく見ると、翅の燐分がかなり落ちている。
こちらでもそろそろ終焉なのか。

↓ベニシジミ
d0146854_20185521.jpg

このベニシジミも、紅色がほとんど色あせて、ベニシジミとは思えないほど。
しかし、ベニシジミには何頭か出会った。

↓コミスジ
d0146854_2021045.jpg

コミスジは羽化の最盛期だったらしく、サカハチチョウとともに、飛び回ったり集団になったり。
やはり花に来るところは見られず、獣糞に集まっていた。

↓コチャバネセセリ
d0146854_20231555.jpg

これも野川公園などで見られる蝶だが、今季初見は、高尾ということになった。

↓クロアゲハ
d0146854_20243944.jpg
d0146854_20245641.jpg

都市公園でも普通に見られる蝶だが、吸水したり吸蜜したりする姿が見やすい。

追記:尾状突起が短く見えたので、クロアゲハと単純に判断してしまったが、
後翅の様子から、オナガアゲハと思われる。
オナガアゲハの尾状突起の長さも、個体差があるのだろうか。


↓カラスアゲハ。写真の下(上はオナガアゲハ)。
d0146854_2026544.jpg

カラスアゲハも都市公園で見られるが、この裏高尾にはとても多い。
[PR]

by 2008oharu | 2009-05-15 20:29 | | Comments(2)
Commented by クプクプ at 2009-05-17 17:18 x
おはるさん、こんにちは。メールありがとうございました。ぼちぼちやっていきます。毎日ウォーキングと博物学の勉強です。最近は園芸植物の勉強にはまっています。苦手意識がなくなると不思議と抵抗なくどんどん頭に入ってきます。

本題ですが、おはるさんがクロアゲハとしているものの羽の表が写っている個体は、オナガアゲハではないかと思いました。最初、目の錯覚かと思いましたが、尾状突起付近の翅脈に注目してみると、羽の縁ぎりぎりを通っているように見えます。そして尾状突起自体にも翅脈が通っていますが、その左右の形がかなり異なっているように見えます。クロアゲハの場合は翅脈が縁よりかなり中の方を通り、翅脈をはさんだ尾状突起の形も左右対称気味になると思います。

ネガティブな話題に持ち込みすいませんが、真実が知りたくなりました。検討してみてください。
Commented by おはる at 2009-05-17 18:34 x
プクプクさん、ご指摘ありがとうございます。
初めは私もオナガアゲハのつもりで撮っていたのですが、
尾状突起が短く思えて、単純にクロアゲハとしてしまいました。
よく見れば、後翅の縁の形もオナガアゲハですね。
ツツジで吸蜜している個体も、オナガアゲハのようです。
訂正しておきます。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31